2009年7月22日 (水)

プロメテウス火山の「柱状節理」

最近、シーでは、さまざまなキャラクターグリーティングで話題になってますね(^^”)ポートディスカバリーのインクレディブル夫妻から始まり、アラビアンコーストのドナルド&デイジー、ロストリバーデルタのマックス、メディテレーニアンハーバーのゴンドラに乗るミッキー&ミニー、ドナルド&デイジー、そしてゴンドリエ・グーフィー。ホント、キャラクターてんこ盛りなシーになりつつあって、ちょっと複雑な気持ちです(--”)

さて、今日は、7月10日に大人数でシーで遊んだ時に、ランバルディさんによる「建築ツアー」の中で、プロメテウス火山のガイドツアーに参加したんですが、なかなか興味深い内容だったので、その部分を引っこ抜いて、この「シー・雑学」でご紹介したいなと(・・)

20090710_022  

 どっか~ん。

 

 

ミステリアスアイランドに、高くそびえたつ火山「プロメテウス火山」。この火山、僕の想像以上に、本物の火山に似せてあるんだなぁと感動してしまいました(--)あらためて、ディズニーのこだわりに感動。そして、ランバルディさんの知識量の深さにも感動(^^”)

20090710_008  

 

 

 

こちら、いつも通りがかるたびに、目に留まってたんですよね(・・)なんだか、ところてんみたいな岩。こちら、「柱状節理」というものらしいです(ランバルディさん談)

20090710_009  

 

 

 

「柱状節理」

・・・・マグマが冷却固結する際、岩体に発達した規則性のある割れ目のうち、両側ずれの見られないものを「節理」と言い、(ずれが見られるものを「断層」と言う)その岩体が柱状になった節理を「柱状節理」と言う。六角柱状のものが多いが、五角柱状や四角柱状も見られる。日本では、福井県坂井市の「東尋坊」が有名である。

(ランバルディさん談、およびwikipedia「節理」より参照)

プロメテウス火山の柱状節理は、五角柱状っぽいですね(・・)見た感じ。

 

20090710_010

 溶岩トンネル

 

 

20090710_011

 

 

 

こちら、火山の中の天井部分。白く見えるのは、石灰岩が解けたもの。石灰岩の主成分・炭酸カルシウムは雨水に溶解するからだそうです。

20090710_014  

 

 

 

プロメテウス火山から流れるマグマは、粘度の低い「縄状溶岩(ハワイでは「パホイホイ溶岩」)」だとか(ランバルディさんの考察)(・・)

 

「縄状溶岩(パホイホイ溶岩)」

・・・・・表面が太い縄を束ねたような形で固まっている溶岩。粘度が小さく流動性に富む玄武岩質マグマが固まるときによくできる。ハワイでは「パホイホイ溶岩」と言う。

(ランバルディさん談、およびコトバンク「縄状溶岩とは」を参照)

そして、興味深いのが、この玄武岩質マグマは、日本では、富士山や大島三原山で見られるそうな(・・)さりげなく、プロメテウス火山は、富士山との共通項があったんですね(・・)ランバルディさんは、プロメテウス火山のモデルはハワイの火山ではないか?と考察。

 

20090710_015  

手焼き。

 

 

20090710_017

 

 

 

縄状溶岩は、ガラス質を多く含むため、プロメテウス火山から流れるマグマをよ~く見て見ると、流れ落ちるマグマの表面が、銀色に光っているのが見て分かるかと思います。(ランバルディさん談)そして、マグマと海水が触れ合っているところは、急速にマグマが冷却されて、その銀色の光沢を失うらしいです。そこらへんも、再現されてます。

20090710_018

タフリング(火山の噴火に伴う水蒸気爆発によってできた火口)

  

 

あと、なぜプロメテウス火山のタフリング(クレーターの小さいもの)には、植物がないのか?というのは、硫黄が噴出しているため植物が育たないのでは?とランバルディさん。プロメテウス火山・誕生の考察も興味深かったです(--)ん~、奥が深いです。みなさんも、ぜひ、プロメテウス火山、よ~く観察してみてください。結構、驚きますよ(^^”)

 

| | コメント (3)

2007年2月 6日 (火)

イスラーム建築

久々に登場です!雑誌「Disney FAN 2月号」に載っていたアラビアンコーストのイスラーム建築について、いろいろ詳しい雑学が紹介されていたので、その中からいくつかご紹介しようと思います(^^)

以下で述べられる内容は、イスラーム建築史を専攻している深見奈緒子博士のコメントの一部を抜き出したものです。

・「チャハール・ミナール」

Kc272657  

 

 

 

この建物をチャハール・ミナールといいます。チャハールとはペルシア語で4という意味で、ミナールは塔という意味です。この様式の建物は、中央アジアやインドに多く建てらました。

・「バトルメント(銃眼)」

Kc273216  

 

 

 

入口の門の左手にある壁の上の白い凸凹部分をバトルメントといいます。イスラーム教が伝わる前にあったものです。起源は、多神教だった時代にお棺の隅とか上に装飾として用いたのが始まりだといわれています。

・「噴水」

Kc273217  

 

 

 

噴水はイスラーム教のモスク(礼拝の場)に多いですね。お祈りをする前に、流れる水で身をきよめなければいけないからです。また、中東は肌がヒリヒリするほど日差しが強いので、水の演出はとっても重要なんです。

・「チャハール・イーワーン」

Kc273219  

 

 

 

 

「マジックランプシアター」の入口は、イランの都市イスファハーンにある王のモスクのようなイーワーン形式になっています。

・「ドーム建築・タイル」

Kc273218  

 

 

 

 

「キャラバンカルーセル」はイランのスルタニエという町にチンギス・ハーンの子孫のイル・ハーン朝の王が葬られた墓建築をイメージさせますね。また、唐草模様のタイルでドームを飾るのは、イランや中央アジアに多いんです。

・「日除けの工夫」

Kc273224  

 

 

 

バザールは朝開かれ、夕方4時頃から再開されるんですけど、暑いんです。市場の道幅は3~4mでとても狭くて、それは影が出来ることを考えてつくられているからでしょう。写真の梁は、屋根をかけたり、渡り廊下として使ったり、下に影が出来たりと一石二鳥なんです。

(雑誌「Disney FAN 2月号」より参照)

こうして、見ていただくと、アラビアンコーストの建造物すべてが、中央アジア、インド、イランなどの建築様式をモデルに創られていることが分かりますね(^^)なので、ただ建物を見ているだけでも、十分勉強になるし楽しかったりするんです!

| | コメント (5)

2006年11月12日 (日)

イタリア・ヴェネツィアを歩く

それでは、「メディテレーニアンハーバー」のちょっとした雑学の紹介第2回目は、エリア「パラッツォ・カナル」。ここは、イタリア・水の都・・・「ヴェネツィア」をモデルに造られたエリアです(^^)

その中でも、興味深いところを2つご紹介したいと思います(^^)これも「Disney FAN 12月号」を参考にさせていただきました!

Kc272361 

 

 

これは、1966年に起きた大洪水の跡で、ヴェネツィアは3日間水に浸りました。

くっきりと、建物の壁に浸水跡が残っています。細かな演出ですよね(^^”)

 

Kc272362 

 

 

 

 

そして、これ。最初見た人は???かもしれませんね(^^”)なんで柱が壁に埋もれているのかというと・・・

もともと、ここにはアーチがあったが、ある時代に埋めて壁にしてしまったなごりだと思われます。実際に、イタリアの建物を修復するときに、表面を削っていくと、このような柱が顔を出すことがあります。

(「Disney FAN 12月号」より一部抜粋)

今度、アトラクション「ヴェネツィアン・ゴンドラ」に乗るときは、こちらの洪水の跡や埋もれた柱をご覧になってください(^^)

※このエリアの写真は、カテゴリ「フォトスポットめぐり-5」。「ヴェネツィアン・ゴンドラ」については、カテゴリ「今週の「夢の通り道」-29~31」にて紹介しています(^^)

| | コメント (4)

2006年11月11日 (土)

イタリア・ポルトフィーノを歩く

新たに増設したテーマは「シー・雑学」。なんだか堅苦しい感じがしますが、そんな小難しい話はする気ないので(^^”)僕はまだまだシー初心者で未熟ですが・・・シーのちょっとした雑学をご紹介したいと思っています(^^)

そんで、今回は2回にわたって7つのテーマポートのひとつ「メディテレーニアンハーバー」にスポットを当ててご紹介したいと思います(^^)「Disney FAN 12月号」より参考にさせていただきました!!

Kc270343 

 

 

今日は、シーの玄関口ともいえるエリア「ポルトパラディーゾ」。このエリアは、「ホテル・ミラコスタ」の建物と調和した美しい港町を再現しています。そして、この港町はイタリア北西部にある地中海沿岸の町「ポルトフィーノ」という素朴な漁師町をモデルにしているのです!

僕が見つけたイタリアの壁紙を紹介したサイトに「ポルトフィーノ」の写真があったので、こちらをご覧になってください(^^)建物の色調や港の形、平べったい木までソックリなんですよ!!

Kc272367 Kc272368  

 

 

そして、このエリアでみなさんに知っておいてもらいたいのが「トロンプルイユ」っていうだまし絵です(^^)上の写真の建物に描かれた絵のことで、建物に豪華な装飾が施されているように見えます・・・・・・が、よく見ると、ただの絵(^^”)しかし、立体的に描かれていて本物ソックリ(@@”)これも、モデルを忠実に再現しているのです!

ヴェネツィアでは、平面なのにいかにも奥に伸びているかのような絵が15世紀末に別荘や邸宅の壁に描かれました。

(「Disney FAN 12月号」より一部抜粋)

みなさん、この建物のだまし絵は決してお金が無かったから手抜きしたわけじゃないんで、勘違いしないでくださいね(^^”)

※カテゴリ「今週の「夢の通り道」-5」にて、「ポルトフィーノ」や「トロンプルイユ」を紹介した記事があるので併せてご覧ください(^^)

| | コメント (9)

2006年7月28日 (金)

「S.S.コロンビア号」大解剖

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと38日!!

Kc270996

 

 

 

このお題は「「S.S.コロンビア号」を大解剖してみましょう!」ってことです(^^)これも、「Disney FAN 9月号」のp18-p19に載っていた情報です。なかなか、この豪華客船にはなぞが多いですよね!この謎を、東京海洋大学海洋工学部・庄司邦昭博士と富士商船高等専門学校・千葉元博士が、詳しく語ってくれています!

ほんの一部だけ紹介しますね。僕が、「なるほど~」と思った2つの雑学を。

・汽笛

たま~に・・・・・

「ボォォォォォォォォォッ!!」

という、S.S.コロンビア号の汽笛を聞いたことありませんか?「セイル・アウェイ」のときとか。あの汽笛の音を聞くと、まさにS.S.コロンビアが大海原へと出航するんだと思ってしまいます(^^)博士の話によると、この汽笛は19世紀初頭に用いられていた、蒸気を使って鳴らしているそうです。今では電気音響による機械音だそうで。この蒸気音でしか出せない、いい味があると言っていました。

ちなみに、どっから音を出していると思います?あんなドデカイ音を?

 

 

 

Kc270772

 

 

○で囲んだ、ここからです(笑)小さいですよね!!こんな小さいラッパみたいなので、あんな地響きがするような音を出しているのです(^^)驚きました!

・国際信号旗

Kc270506
 

 

 

 

船上にある、あの旗。単なる飾りだと思っていませんでしたか?僕は思っていました(笑)しかし、この旗は「国際信号旗」なのです。「国際信号旗」とは、国際的な取り決めで、旗の絵柄によって「A」から「Z」、「0」から「9」までを表すそうです。

・・・・・ってことは、この旗も当然意味を持ちます。博士が調べました。すると「HAIL COLUMBIA」。訳すと「コロンビア、万歳」だそうです。ん~奥が深いなぁコロンビア号は(笑)この「HAIL COLUMBIA」は、1798年につくられたアメリカの愛国歌でもあるそうです。「どんだけ、奥が深いんだ!?」って、さらに驚愕しました(^^“)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

25周年アニバーサリー情報 | 25周年デコレーション | 5800円以上楽しむシーの過ごし方 | Duffy×ダッフィー | G.E.T.Aウェザーマニア | 「シー日記」レポ | 「ホリ蔵」の素 | きゃらのしっぽ | こうして「東京ディズニーシー」は誕生した | アクアトピア | アップルティーソーダを広める会 | アトラクション・ショー休止情報 | アリエルのグリーティンググロット | インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮 | キャラバンカルーセル | キャンドルライト・リフレクションズ~フィナーレ~ | クリスマス・ウィッシュ | クールスポットめぐり | グーフィー好きを増やす会 | ケープコッド・ステップアウト | サルサ!サルサ!サルサ! | サルードス・アミーゴス!グリーティングドック | シンドバッドの良さを広める会 | シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ | シー5周年のショー | シー5周年のデコレーション | シー5周年の軌跡 | シー5周年・シネマ | シーを彩る「水の流れ」 | シーを彩る「灯り」 | シーを彩る「草・木・花」 | シーズン・オブ・ハート | シー・その他 | シー・みやげ | シー・アトモスショー | シー・アンケート | シー・アート | シー・イマジネーション | シー・クイズ | シー・グリーティング | シー・パズル | シー・フード | シー・ブック | シー・ベニアメダル | シー・写真展 | シー・散歩 | シー・現地レポ | シー・発見 | シー・節約術 | シー・雑学 | シー10周年情報 | ジャスミンのフライングカーペット | ジャンピン・ジェリーフィッシュ | スカットルのスクーター | ストームライダー | スプリングカーニバル | センター・オブ・ジ・アース | タワーオブテラー | タートル・トーク | チップとデールのクールサービス | ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ | ディズニーシー・トランジットスチーマーライン | ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ | ディズニー・ア・ラ・カルト | ディズニー・オン・クラシック | ディズニー・ハロウィーン | トイ・ストーリー・マニア! | ドックサイドステージ | ドナルドのボートビルダー | ハーバーサイド・クリスマス | バレンタイン・ナイト | ビッグシティ・ヴィークル | ファンタズミック! | フォトスポットめぐり | フォートレス・エクスプロレーション | フランダーのフライングフィッシュコースター | ブラヴィッシーモ! | ブロードウェイ・ミュージックシアター | ブローフィッシュ・バルーンレース | ボンファイアーダンス | ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル“エテールノ” | マイベスト・フォト | マイ・フレンド・ダッフィー | マジックランプシアター | マーチ・オブ・チャンピオンズ | マーメイドラグーンシアター | ミスティックリズム | ミッキーのドリームカンパニー | ミート&スマイル | ムジカ・メヒカーナ | レイジングスピリッツ | レジェンド・オブ・ミシカ | ワール・プール | ヴェネツィアン・ゴンドラ | 今週の「夢の通り道」 | 東京ディズニーリゾート開発中 | 海外ディズニー・新アトラクション | 海底2万マイル | 管理人ホリから一言