« 「また、お会いしましたね。」 | トップページ | オーバー・ザ・ウェイブ-17 »

2010年8月26日 (木)

「シー日記」レポ-163(その3)

一昨日は、ガッツリとランドで遊んで来ました(^^”)いやぁ~、最近車運転してないペーパードライバーなのですが、グランドサーキット・レースウェイ行って、結構、スムーズに運転できたんで、これなら、久々の路上運転も大丈夫かなと、かすかな自信を得ました(^^”)・・・・・・おいおい(笑)

 

さて、8月頭に遊んだ、「中年男が一人で東京ディズニーシー」管理人・シロクマさんと遊んだレポのつづきをお届け(^^)

 

20100803_033

 

「チップとデールのクールサービス”デラックス”」1周コースを、ポン・テ・ヴェッキオから鑑賞したのち、ちょっとアメリカンウォーターフロントを散策。

こちらは、9月9日よりスタートするスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」のメインショーとなる「ミステリアス・マスカレード」のステージ。8月頭で、すでにほぼ完成しておりましたね(・・”)僕は、どうも、ここの噴水を夏場早々封鎖したのが納得いきません。お盆休み明けからでも、十分間にあったのでは?と思ってしまいます(--”)

20100803_034

 

20100803_035 

 

この日も、2012年オープンの「トイ・ストーリー・マニア!」工事のため、シロメテオ君(巨大クレーン車)頑張っておりました(^^”)

そんで、「タワー・オブ・テラー」前を歩いていたら、たまたまシロクマさんと遭遇(^^”)ある程度、広角レンズで写真を撮ったんで、今度は、望遠レンズに変えてみよう!ってことになりまして、単焦点の望遠レンズにしてみました(^^)そして、15:45の「ビッグバンドビート」まで、シロクマさんとは別行動することに。

2010080306 一眼レフにて撮影

 

広角レンズと違って、望遠レンズは、被写界深度が浅いため、このように、ピントを合わせた部分以外は、ぼかした背景にすることができます(^^)そこが、いままで、デジカメでは、なかなか表現できなかった部分だったので、望遠レンズの方が、撮っていて新鮮で楽しかったです(^^)

2010080307一眼レフにて撮影

 

このときの設定モードは、確かPモード(プログラムAEモード)で撮っていたかと思うんですが、シャッタースピードが速いためか、口から出る水が止まっているように撮れました(^^)結構、お気に入りの一枚です(^^)

20100803_037   

 

こちらは、「センター・オブ・ジ・アース」に新たに設置された子供の身長を測るもの。マグマが流れるパイプのようなもので造られていますね!117cm以下のお子様は、こちらのアトラクションご利用いただけません(--)

20100803_0380

 

アラビアンコーストへ行ってみると、「ボンファイアーダンス」1回目公演4時間半前にして、ショー待ちされるゲストさんが、このようにいらっしゃいました(^^”)この日は、かなりの暑さだったのですが、すごいなと(^^”)

2010080308 一眼レフにて撮影

 

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」前あたりで、デイジーとミニーがグリーティングをしていたので、一眼レフで撮ってみることに。ほんと、毛並み一本一本くっきりと撮れているもんですね(^^”)

2010080309一眼レフにて撮影

 

ロストリバーデルタを歩いていると、遠く入道雲が見えたので、そちらに焦点を合わせて、手前のゲストたちをぼかして撮ってみました(^^)これは、これで、お気に入り写真ですね(^^”)夏っぽい。

2010080310一眼レフにて撮影

 

ハーバーへ戻り、14:40の回の「チップとデールのクールサービス”デラックス”」を鑑賞(^^)

2010080311一眼レフにて撮影

 

やっぱ、背景をぼかして撮ると、際立って綺麗に見えますね(^^”)

20100803_040 放水スタート!!

 

20100803_043  

 

シロクマさんからお借りした一眼レフを死守しつつ、デジカメで、放水をかわしながら、撮影してみました(^^”)

20100803_044   

 

気づけば、そろそろ集合時間となっていたんで、ブロードウェイ・ミュージック・シアターへ。シロクマさんと合流し、15:45の回の「ビッグバンドビート」を鑑賞いたしました(^^)

つづく。。。。 

|

« 「また、お会いしましたね。」 | トップページ | オーバー・ザ・ウェイブ-17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「また、お会いしましたね。」 | トップページ | オーバー・ザ・ウェイブ-17 »