« シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ-23 | トップページ | 「シー日記」レポ-162(その1) »

2010年8月10日 (火)

「シー日記」レポ-161(その5)

僕の新しい相棒「亀言(かめごん)」の正体は、ニコンのD90です(^^”)いろいろ悩みました(笑)シロクマさんなら、なおさらご存知かと思いますが(^^”)最終的には、店員さん2人ほど相談した上で、決定しました。

さて、7月中旬にファンダフルパーティーに行った時のレポのつづきを!!

 

 

20100715_048 

 

リドアイルにて「レジェンド・オブ・ミシカ」を鑑賞(^^)高気温対策ということで、16:30のスタートですが、それでも、じりじりと焼けるほどの太陽の暑さを感じました。待っている間(^^”)

そのとき、僕のブログがそろそろ更新を終える話題になって、じゅんさんが、残念がっていたので、涙がチョチョぎれるほど嬉しかったです(--*)ここ最近、僕のブログは、さらに、一眼レフで撮影した写真も載せるようになりまして、さらに容量を使う感じになってますが(笑)けど、容量なくなったら、また新しくブログを作ればいいですし(^^”)逆に、容量気にして記事書く方が窮屈なので。そこらへん心配されている方、万が一いらっしゃいましたら、ご安心ください。

ランバルディさん、ははだよさんの一眼レフカメラ「かめの慎」に興味津々にいじってました。ショー中は、僕の手から離れ、ランバルディさんの手に(^^”)

20100715_050

 

20100715_051

 

躍動感あふれるショー。活き活きとしたダンサーさんたちの表情とかも、一眼レフなら撮ることができますね(^^)あとは、撮る側の腕次第ですが(笑)まだまだ、修行しないと。。。。

鑑賞後は、奥地で小休止しましょう!ってことで、レストラン「ユカタンベースキャンプグリル」へ。

 

20100715_052 

 

ここでは、ランバルディさんによるカメラ談義になったり、あとは、ファンダフルパーティーの批評をしたり。ちょっと毒舌な内容だったような(^^”)

そんで、次どうしますか?となりまして、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」へ行くことに。列が、外まで延びてて、スタンバイ20分待ちとなっててホントか?と思いましたが、まぁ、25分くらいで乗り場へ(^^”)隣に座るランバルディさん、面白かったです。

20100715_055

 

そのあとは、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」乗って、「アグラバー・マーケットプレイス」にて、マジックを堪能しつつ、トモさんとグリルさん合流。「ボンファイアーダンス」の音だけ楽しんだ後、ハーバーへ。

Vuravi2010 「かめの慎」で撮影

 

初めて、一眼レフで「ブラヴィッシーモ!」を撮ることに(^^)場所は、「ポン・テ・ヴェッキオ」橋から見下ろす形で撮影を試みました。ひたすらシャッターを切りながら、レンズからのぞく普段とは違う世界を映し出す「ブラヴィッシーモ!」に、感動しっぱなしでした(^^”)

Bravis300「かめの慎」で撮影  

 

 

Vuravi20102「かめの慎」で撮影

 

でも、撮り終わった後、なんとなく、まだまだ自分の未熟さを痛感してしまったり(--”)「ブラヴィッシーモ!」の何を撮りたいのか?何を表現したいのか?ただ、ひたすら撮っていたので、完全に「かめの慎」の技術でうまく撮れた写真にしかなってないなと。これから、相棒「亀言(かめごん)」を、使いこなせるように、日々練習に励みたいなと思います(^^”)

 

この日は、久しぶりにみなさんと遊べて、とても楽しかったです。また、今度は、ハロウィーンか?クリスマスあたりに、集まりましょう~♪

 

|

« シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ-23 | トップページ | 「シー日記」レポ-162(その1) »

コメント

使えー。
使い倒せー。
飾っておくなー。
重くても、デカくても、意地でも持って歩く。
カメラはよき相棒へ。

投稿: シロクマ | 2010年8月10日 (火) 15時14分

<シロクマさん
・・・・・え~っと
頑張ります(^^”)

投稿: ホリ | 2010年8月10日 (火) 23時44分

penguinこんにちは。たまに楽しくロムさせてもらっています。一眼、購入されたんですね。
アップされた写真を観て、参考になれば
自分のとはメーカー違いなのでまったく同じ条件とはならないですが
ブラブィはご存知、水蒸気と炎揺らぎで自動ではピント、露出ともまず定まりません。そこで、、
モードは フルマニュアルモードに
iso800固定、絞りは開放、オートフォーカスは、なれないうちは無限大に固定(リドからは近すぎるので調整要、定番のザンビーニからだったらそのままでも大丈夫です)
シャッタースピードを始まりは1/6から1/60(ベリッシーの足が見えないぎりぎり)を上限にショー進行の明るさで徐々に調整、後半は明るすぎて露出オーバーになるので、絞りをF6からF10位で調整
絶対条件は手プレを1/6でも止められことです。後は何回も練習されて調整幅をご自分で探してみてください。いい写真が撮れます様に 

投稿: とおり太郎 | 2010年8月13日 (金) 13時37分

<とおり太郎さん
こんにちは(^^)
細かな設定モードを
教えていただきありがとうございます!
さっそく、近々ブラヴィを
撮りに行くので、試してみたいと
思います!!

投稿: ホリ | 2010年8月14日 (土) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ-23 | トップページ | 「シー日記」レポ-162(その1) »