« タワーオブテラー-99 | トップページ | こうして「東京ディズニーシー」は誕生した-12 »

2006年9月 2日 (土)

シンドバッド・セブンヴォヤッジ-6

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
2日!!

今日は、「船乗りシンドバッドの冒険」の冒頭部分をご紹介したいと思います(^^)

このアトラクションは、Qライン(並ぶところ)にシンドバッドをまったく知らない方でも分かる様に、壁にお話の冒頭部分を絵と文章で描いています。つまり、その絵とお話を読めば、シンドバットと共に航海へと旅立つ準備が整うっていうわけです!!

 

 

・・・・しかし、僕が見る限り、残念ながらその絵と文章を見ている人があまりいない気がします。友達としゃべっていたり、携帯いじったり、ガイドブックで次はどこへ行こうかと模索していたり・・・・

みなさん!このアトラクションの世界に入ってください(TOT)そうすれば、もっともっと楽しい冒険の航海ができるのですよ!!

・・・・ってことで、この壁に描かれている冒頭部分のお話を簡単に紹介しますね(^^)ちょっとうる覚えなので、間違っていたらコメントお寄せください~(--)

 

 

プロローグ(序章)

お金持ちの家に生まれたシンドバッド。親の死後、残った財産で、散々遊びほうけました。しかし、シンドバッドは自分の愚かさに気づいたのです。シンドバッドは、わずかに残った財産をすべて投げ打って、商人を雇い7つの海をめぐる航海に出ました。

そこで待ち受けていたのは・・・・・・・

 

 

 

そこからは、実際にこのアトラクションに乗って確かめてみてくださいね(^^)

|

« タワーオブテラー-99 | トップページ | こうして「東京ディズニーシー」は誕生した-12 »

コメント

一度、あまりに人がいなかったので、じっくり読んだことが有ります。
でも、普段は読む暇も無く、通り過ぎますよね。
読むと、エー、こんな話だったんだ、と感動しました。
しかし、どう変化するんでしょうね。

投稿: シロクマ | 2006年9月 2日 (土) 11時13分

並んでいるときにこそディズニーマジックはあるものなんですよね^^

自分は初めてコレに乗ったとき、誰もいなかったのでFP並みにスルーで。
見る暇もありませんでした(TOT)

次回こそゆっくりと見てみようと思います。
きっとその絵の中に隠れミッキーも隠れていることでしょう。

投稿: WILL | 2006年9月 2日 (土) 14時15分

>シロクマさん
確かに、あと挙げられるとしたら
まったく並んでいないので、
見ることなく乗り場まで行ってしまうんでしょうね。

それも、ちょっと悲しいですね(--”)
けど、僕もそうするかも。
でも、やっぱ楽しむなら
予習はしたほうがいいですね。

リニューアルについてですが、
こんな予想です・・・・

・ライドのエリア拡張
・音楽の変更
・霧や水の演出効果
・セリフ変更
・スプラッシュマウンテンのような
 上昇と落下

まぁ、どうなるか楽しみですね(^^)

>WILLさん
まぁ、僕も以前は
スルーしていたからね(--”)
けど、やっぱストーリーを知っていた方が
楽しめるよね。

他の人は、その絵とか見てないから
立ち止まってじっくり見るのも
人の目を気にしてなかなかできないかもだけど
チラッとだけでもいいから
見ることをすすめるよ(^^)

投稿: ホリ | 2006年9月 2日 (土) 14時34分

ちっちゃい頃に分厚いシンドバッドの本を読みました。とても面白かったです。アトラクションももっと楽しめると思います★

投稿: なつみ | 2006年9月 2日 (土) 15時39分

僕は込んでるようなときしかいけないので
このストーリーはいつも読んでます。
この部分をプレショータイプにすれば
話が分かりやすくなりますよね。

投稿: ニュトリ | 2006年9月 2日 (土) 17時11分

あまり良い話ではありませんが…(_ _;)
これは、僕がスタンバイ(30分待ち)の時に途中の絵で立ち止まっていた時でした。
「これってキャラがディズニーっぽくないよね」
そしたら、周りの人達が…
「そうだよね~ライドも…」
これ以上書くのが辛いので「…」で省略しました(T0T)
やはり、キャラクターが『ディズニーっぽく感じない』という意見が多いようですね。スタンバイの長い時は絵など周りを見ている人が意外と多いのです。まぁ、僕が並ぶ時いつも耳にしていたので…ただ偶然というのもありますが(涙)

でも、自分はシンドバットを良く評価してます!
お年寄りと乗れる唯一の乗り物というのもありますが…^^;
70代後半の人では、『海底2万マイル』や『ストームライダー』は少しきわどかったみたいです(-_-;)
やはり、シーにはシンドバットみたいな乗り物を少し増やしてもらいたいというのもありますね。

それとホリさんに聞きたいのですが、シンドバットの裏に拡張されるようなものありましたか?
自分は見つからなかったのですが…(T_T)

投稿: アレス | 2006年9月 2日 (土) 20時55分

僕は、このアトラクションが大好きです。
雰囲気・音楽・人形などすべてが見ていてわくわくします。
特に何の変哲もないのに、なぜか好きなんですよね。

ランドのイッツ・ア・スモールワールドは好きだけど、
シンドバットは嫌いっていう人多いんですよね。
僕は、シンドバットの方が好きなんですけどね。
というか、スモールワールドは嫌いなんです(汗)
幼稚園のとき以来、1度も乗っていません。

シンドバットの変更の予測は僕もホリさんと同じような感じです。
・音楽の変更(確定)
・特殊効果の追加
・セリフの変更
・急降下

唯一違うのが
・オーディオアニマトロニクスの増加や位置変更
です。これはあるのではないかと思います。

ライドエリアの拡張が本当にされるかはわかりませんが、
そうなれば、落下がある可能性も高くなりますよね。
とにかく、人気の出るようなリニューアルに期待したいです。

投稿: SPIDER-MAN | 2006年9月 2日 (土) 22時56分

僕もホリさん、SPIDER-MAN さんと
同じ考えです。
でもスプラッシュマウンテンレベルの
落下はないと思います。
あの建物はあまり高くありませんし、
カリブぐらいだと思います。
カリブの落下には設定がしっかりと
組み込まれているのでそれをどう表現するのか
楽しみです。(^^)

シンドバットにオーディオ・アニマトロニクス
ってありましたっけ?
でも、設置されたりしたら面白そうですね。

投稿: ニュトリ | 2006年9月 2日 (土) 23時31分

<ニュトリさん

落下はスプラッシュほどではないないでしょうね。
僕もカリブの海賊ぐらいだと思います。
小さい子からお年寄りまでなんとか乗れる程度ですからね。
追加する場面がどうなるか、楽しみですね。

オーディオアニマトロニクスとは、人形のことですよ。
オーディオアニマトロニクスの技術は他にも、扉やさまざまな
仕掛けなどに応用されていますよ。

人形はカリブ、スプラッシュ、プーさん、バズ、スモールワールド
ジャングルクルーズ、スターツアーズ、センター、インディ、
マジックランプシアター、そしてシンドバットなどで使われてます。

それから、インディのはじめに開く扉でも使われいます。
あのまるで映画のような迫力のある開き方にしたかったからだそうです。
なんだか映画のような開き方だと思いませんか?

他にも「レジェンドオブミシカ」の伝説の生き物でも
この技術が使われているそうですよ。

投稿: SPIDER-MAN | 2006年9月 3日 (日) 11時34分

コメント遅れてすみません(--”)
明日の記事に気合入れすぎました(^^”)

>なつみさん
はじめまして(^^)
そうですよね。
ストーリーを知っていれば
もっと楽しめるのですが・・・・
知らないと、単なるひげ男の冒険ですよね(T_T)

ちなみに僕は
本も読んだことがないので
詳しく知りません。けど
序章さえ知っておけば、
あとは世界に入ることができて
楽しめました。
せめて序章ぐらいは知った方がいいですね(^^)

>ニュトリさん
それ、いいアイデアですね(^^)
マジックランプシアターみたいに
シンドバットが説明してから
ライドに乗ったほうが、世界に入りやすいです!

あと、拡張案は無さそうです。
混乱させてすみません。

落下は、できたら嬉しいですよね。
おそらく、できたとしたら
カリブより小さい小落下になるかもしれませんけど
造ってほしいです(TOT)

>アレスさん
確かに、痛いお話ですね(T_T)
けど、この「東京ディズニーシー」は
決定的に違うのが中高年を
ターゲットにしていることです。
なので、ランドみたく絶叫系なんて
造るはずないんです(^^”)
造ったとしても絶叫度を抑えるのは当然です。
高齢者が乗って心臓停止されちゃ困りますからね(--”)
なので、ショーにも力を入れているわけです。
アトラクションに乗れなくても
楽しめるように。あと、アルコール類販売も。

そこらへんを理解していれば
こんなことにはならないんですけどね。
知らないんですからしょうがないです。
だから、難しいんでしょうね。運営側としては。

若者にとっては、シーのアトラクションは
物足りなさを感じさせるでしょうけど
中高年にとっては十分楽しめるように造られていると思います。
だから、前も書きましたが、ランドのように
シーへ行くと「つまらないところ」になるかも
しれないということなんです。
意識を変えれば、絶対に楽しいところになるんですけどね。

なんか話がずれましたが、
このアトラクションは、まさに
中高年の方に安心して楽しんでもらえる
アトラクションだと思います(^^)

あと、拡張って話は
アレスさんの情報だったような・・・?
なんか、勘違いしてしまったようです(--”)
すみません。
では拡張案は無しですね(^^”)

>SPIDER-MANさん
どうやら、拡張案は無いようです。
混乱を生じさせてしまいすみません(--”)
普通に考えたら所要時間10分なので
ライドの長さは十分ですよね(^^”)

確かに、オーディオアニマトロニクス(人形)は
位置変更や増加ありそうですね。
ちなみに、全部で163体あります。
すごい数です。これを見ているだけでも
楽しいと思うんですけどね(^^”)

ミシカのでは、炎を出したりするのもあるんです。
けど、何で人形自体が燃えないか不思議です(^^)

投稿: ホリ | 2006年9月 3日 (日) 13時08分

オーディオアニマトロニクスはディズニーでしか見られませんからね^^
ディズニーらしくないのではなく『ディズニー』なんだってことをわかってもらいたいです。

ホリさんのいうように、『不思議』だと思わせる演出を取り入れるってのもあるかもしれませんね^^

投稿: WILL | 2006年9月 3日 (日) 13時16分

>>あと、拡張って話は
>>アレスさんの情報だったような・・・?
確かに僕が言ってました(^^;)

それと裏手に拡張されるようなものがモノレールから見えるというのを友人に聞いたので、探してみましたが…それらしいものは一つもありませんでした。(というより今あってはおかしいですよね;)
ホリさんが謝ることないです。僕の責任です。

『皆さん本当にすみませんでしたm(_ _;)m』

それと僕が言うのは『情報』ではなく、ほとんどが『噂』です。なので、僕が言うことは流してくれても構いませんので^^;

投稿: アレス | 2006年9月 3日 (日) 21時29分

>アレスさん
いえいえ(--)
けど、噂でもいいので、こちらに
コメントしていただくと嬉しいです(^^)
そこから、またいろいろ想像が膨らむので!

投稿: ホリ | 2006年9月 3日 (日) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78080/3281815

この記事へのトラックバック一覧です: シンドバッド・セブンヴォヤッジ-6:

« タワーオブテラー-99 | トップページ | こうして「東京ディズニーシー」は誕生した-12 »