« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

レイジングスピリッツ-17

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
4日!!

8312  

 

 

 

 

ここは、ロストリバーデルタの密林の中。ジャングルの中には、普段見たことのないような熱帯植物が生い茂っています。

8313  

 

 

 

 

ふと目の前に出現したのは、巨大な遺跡群。

8314  

 

 

 

驚いたことに、石像からは水が溢れ出し、石段も水が流れ炎が立ち込めています。遺跡復元失敗により神々の怒りを買い超常現象が起こっているのです。

8311  

 

 

 

 

そして、この遺跡の中をホッパーカーは神々の怒りにより暴走するかのように疾走していきます。

 

まだ乗ったことない人は、神々の怒りに触れてみてください(^^)

ただ、要注意なのが9月5日から9月29日にわたり点検のため休止してしまうことです。「タワー・オブ・テラー」と「レイジングスピリッツ」両方楽しみたいのでしたら、5周年の9月4日に行くか、10月に行くのが良いと思います(^^)混むかもしれませんが・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-97

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
4日!!

東京ディズニーリゾートの歴史に新たに刻まれるニューアトラクションが、あと4日と迫ってきました!!

Q11:ストラングとは?

:ハイタワー三世を追いかける、ニューヨークグローブ通信の新聞記者です。かつて「マンフレッド・ストラング」は、「ホテルハイタワー」の維持費が汚職にまみれた市の財源から密かに捻出していたことを紙面で暴きました。そして、「ホテルハイタワー」を解体し、ハイタワー三世のコレクションを競売にかけて、そのお金を市民に返すべきだと主張しました。まさにベアトリスとは対立の関係にあったのです。

彼は、1899年12月31日の正午に開かれたハイタワー三世の凱旋記者会見で、場違いな質問をしてしまい退場させられました。その後、ウェイターに扮し再びホテルに潜入した彼は、エレベーター内で消えたハイタワー三世の叫び声を耳にしたのです。以来、「ホテルハイタワー」は偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」によって恐怖と呪いに取り憑かれていると考えるようになりました。

Tot8311 Tot8312 Tot8313  

 

 

 

 

これも8月23日の写真。周辺を撮ってみました(^^)OPENすれば、ここは人だらけになるでしょうね(--”)早くその光景を見てみたいです!!

そういえば、今日は雑誌「週刊モーニング」の発売日。「タワーオブテラー」の読切漫画が載っているので、ちょっと見てみてください(^^)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

シー5周年のデコレーション-9

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
5日!!

今回のデコレーションは、アメリカン・ウォーターフロント・ニューヨークにある5周年のモニュメント(スタチューといいます)。

8301  

 

 

 

 

これは、金貨を数えるのが大好きな大金持ちの「スクルージおじさん」です(^^)もともと、この水場には金貨が山積みされていました。そこに乗っかった感じになっています。まさに、「適材適所」と言ったところでしょうか(笑)?

お金に困っている人は、ここで記念撮影をすれば、もしかすると金運が上がるかも??軽く「スクルージおじさん」を拝んどきましょう(笑)

8302  

 

 

 

 

ちなみに、後ろにあるショップは、「マクダックス・デパートメントストア」。ここはお菓子からぬいぐるみまで品揃えが豊富なので、一度立ち寄ってみてみてください(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-96

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
5日!!

これも、8月23日に撮ってきた「タワーオブテラー」の写真です(^^)今まで入ることのできなかったところを撮ってきました。

Tot8301  

 

 

 

 

やはり、建物のデザインが秀逸ですよね(^^)外壁の模様も装飾もすばらしい。そして、街灯のデザインも気品があります。ここまで凝っていると、僕でも「ホテルハイタワー」解体だなんて絶対反対しますね(笑)

Tot8302  

 

 

 

そして、ファストパスの看板。スタンバイ15分待ちです(^^)今となると、この看板のデザインの違和感はまったくないですね。ニューヨーク市保存協会が設置したということなので。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

スウィングジャズ「ビッグバンドビート」-7

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
6日!!

Bbb829  

 

 

 

 

もう、シーへ行ったら必ず見ています!そのぐらい、大興奮のスウィング・ジャズショーです(^^)8月23日に行ったときも2回見ました(笑)

この日は、初めて最前列の方で鑑賞しました。すごいですね!やっぱ前だと迫力が違う。出演者の顔がよく見えます。そして、ミッキー近すぎだ(笑)

何度見ても興奮する、ミッキーのドラムは最高です(TOT)そういえば、もう何度も見ているので、グランドピアノ弾いている人の名前を覚えてしまいました(笑)「ミスターツジ」です。辻さんのピアノ好きです(^^)毎回辻さんのような気がするんですが・・・

映画「スウィングガールズ」の最後の場面で・・・

 

 

「世の中には2種類の人間がいる・・・・スウィングする奴とスウィングしない奴だ!」
(だったかな?)

みなさん、「ビッグバンドビート」をご鑑賞するときは、スウィングしてみてください!!のりながら手拍子です(^^)映画「スウィングガールズ」のラストも大興奮ですが、この「ビッグバンドビート(略称:BBB)」も、それに負けない大興奮のショーを体験することができます!!おすすめですよ(^^)

| | コメント (12)

タワーオブテラー-95

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
6日!!

Q10:なぜベアトリスは「ホテルハイタワー」を修復しようと考えたのか?

:ハイタワー三世に対する憧れが最大の理由です。それは、ベアトリスが14歳のとき自宅で父親(エンディコット三世)を訪ねて来た新聞記者「マンフレッド・ストラング」と会いました。そのとき、たまたま彼が落としたハイタワー三世の冒険物語がきっかけでした。

(「Disney FAN 9月号増刊」より参照)

Tot8291  

 

 

 

これは、8月23日に行ったときに撮影した、「タワーオブテラー」の庭園の写真です(^^)いかにも、文化遺産的な石像が、ところせましと置かれています。

 

Tot8292

 

 

 

そして、この庭園の中央に、ひとつのキャンパスが置いてありました。分かる人には分かりますよね?これは、おそらくハイタワー三世の執事スメルディングが描いた、幼少ベアトリスの絵です。これは、ストーリーを熟知している人は見てほしいですね(^^)

しかし、この庭園はファストパスだと通らないようなのです。なので、できれば最初はスタンバイから並んで庭園をじっくり見てみたいですね(^^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

シー・フード-4

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
7日!!

828  

 

 

 

 

これは、10月号の「Disney FAN」です。ハローウィンが表紙になっています(^^)そんで、この雑誌の中から僕が気になった情報をお知らせします。

(「Disney FAN 10月号」P22より参照)

アメリカンウォーターフロント「レストラン櫻(さくら)」にて、5周年アニバーサリー日本酒セミナーが開催されます。要項は以下のようになります(^^)

開催日:2006年9月1日~10月30日の毎週金・土・日・月曜日
開催回数:1日1回20名
開催時間:15:00~16:30
予約方法:パークオープン時より午後2時までに「レストラン櫻」にて予約受付
参加料金:1人3800円

20世紀初頭の醸造方法を取り入れた珍しい日本酒を、相性のよいアペタイザーとともに楽しめるセミナーだそうです(^^)生もと純米酒「百年前」(秋田)、大吟醸酒「叶」(千葉)、純米吟醸酒「富久長」(広島)などの日本酒が、豆皿盛り合わせとともに味わえます。

日本酒好きには、ちょっと気になるセミナーですよね(^^)しかし僕は、日本酒と焼酎が苦手です(--”)どうも辛いのがダメみたいで・・・・日本酒の甘口ならなんとかいけます。やっぱビールが一番かもしれません(笑)おやじだ・・(T_T)今度は、ビールかワインのセミナーやらないかなぁ・・・

3800円という値段も、そんなに悪くないと思うんですが?どうなんでしょう?時間帯が夕方なのは、ピークを過ぎた時間帯を有効利用しているのでしょう!しかし、できれば遊び終わった夜9時ぐらいがいいかも。

日本酒好きな方に、おすすめの情報でした(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今週の「夢の通り道」-21

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
7日!!

今週の「夢の通り道」は、アメリカン・ウォーターフロントに、9月4日OPENする「タワー・オブ・テラー」でした。

別名「ホテルハイタワー」は、アメリカ・ニューヨークの大富豪家「ハリソン・ハイタワー三世」が建てた14階建ての建物です。

ニューヨーク・マンハッタン。ここには、さまざまな高層ビルが立ち並んでいます。エンパイア・ステート・ビル(1931年完成)、クライスラービル(1930年完成)、メトライフタワー(1909年完成)。

そして、ちょっと変わった建物がフラットアイアンビル(1902年完成)。現役のオフィスビルです。とても不思議なデザインで、細長~い建物。強風でも吹けば簡単に倒れてしまいそう(^^”)昔は、そんな心配をされましたが、現在では人気スポットとなっているそうです。シーの「タワー・オブ・テラー」も、ちょっと変わったデザインですがとても豪華な建物。写真を撮らずにはいられないですよね(^^)

CMは、とうとう「タワー・オブ・テラー」が登場!!「史上最恐」ってのがいいですね(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

20000アクセス突破!!

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
7日!!

「ホリ蔵のシー日記」も、はじめてから5ヶ月が経ちました。まさか、ここまで大きくなるなんて思いもしませんでした(--”)

気づけばカウンターは20000アクセス突破!!本当に嬉しいです(T_T)みなさんのおかげです。常連さんも全体の4分の1が見てくれています。いつもありがとうございます(--)

最近1日のアクセス数は700アクセス前後という本人もブッたまげる数字になっています。「タワーオブテラー」効果すごいです!!検索で来られる方も多いです。こちらも、どうもありがとうございます(--)

あと少しでOPENする「タワーオブテラー」に全力を注ぐとともに、他のテーマにも取り組んでいこうと思っています(--)とりあえず、いつも通り記事書いていくんでよろしくお願いします♪

9月から予定している新テーマは「シー5周年の軌跡」「シー・スケッチ」。あと早く「ミスティックリズム」とかもやりたいです。けど、アトラクションもまだまだ残っているしなぁ・・・まぁ、マイペースにやっていきたいと思います(^^)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-94

「タワー・オブ・テラー」
ツアー開始まで、あと
7日!!

今日は、ちょっと遅くなりましたが、「タワーオブテラー」をセピア色で撮影した写真を紹介。

101 102  

 

 

 

 

とにかく、何を撮っても、いい味に仕上がります(^^)みなさんも試してみてください!!こんだけ、美しい建物がアトラクションだって驚く人がいるかもしれませんね!

103 104  Tot

 

 

 

 

 

最近思い始めたのは、この建物ってアトラクションだけでなく、いろんな用途に活用できると思うんです!

中に入ると豪華な大広間(ロビー)があるんですが、そこで20万円(20万円コースと5万円コース)もする立食パーティーが開かれます。

アトラクションの点検で休止しているとき大広間を綺麗に掃除すれば、このようなブッフェスタイルのパーティーも行えると思うし、ダンスパーティーもできそう。それに、ちょっとした演奏会だって開けそうじゃないですか?(^^)また、ちょっとした展示会やってもいいと思うし。

これだけ、利用価値の大きいアトラクションを造ったことで「タワーオブテラー」は、よりシーを魅力的にしてくれました(^^)210億円かけた価値ありますよね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

シー・フード-3

タワー・オブ・テラー

ツアー開始まで、あと8日!!

Kc272168 

 

 

 

 

今回の「シー・フード」は、アメリカンウォーターフロント・ケープコッドにある「ケープコッド・クックハウス」の鱈バーガーです(^^)シロクマさんご推薦だったので、8月14日にシーへ行ったとき、お昼はここで食べようと決めておりました!!

Kc271416  

 

 

コッドフィッシュバーガー(鱈バーガー)とポテト。そしてドリンクが付いたセットで、なんと735円!!園内の食事としては安くないですか?なので、昼ご飯としてはおすすめですね(^^)

では感想・・・・ポテトは、細切りカットの、マックのポテトのような形。食べると多少塩がかかっていて、何もつけなくてもいいんですが、ケチャップも置かれているので、お好みで付けて食べてみてください。揚げたてで美味しいポテトでした。量はファーストフードで売られているポテトのSサイズぐらいの量。まぁちょうどいいかな、という感じです。アメリカならてんこ盛りなのでしょうが(^^”)ドリンクは、レギュラーサイズで、紙カップが5周年用になっているのが、なんだか嬉しいです。捨てるのがもったいなくてお持ち帰りしたくなるほど、デザインが凝っていましたよ(^^)

そして、コッドフィッシュバーガー(鱈バーガー)の感想。美味しかったの一言(T_T)まず、驚いたのがバンズからはみ出した鱈のフライ。ボリュームがあります。衣はハーブの効いたスパイシーな味。ほおばると、白身なのですが、揚げたてなので肉汁がジュワッと口に広がります。あと、一緒に挟まれているレタスとトマトとの相性も良かった。バンズ(パン)も。また、シーへ行ったら食べたいです!!友達も絶賛していましたよ(^^)

ちなみに余談ですが、ここ「ケープコッド・クックハウス」では、ダイニングエリア(入口入って右奥。左奥は通常の食事場)でドナルド主演のショー「ドナルドのボートビルダー」が行われています。ショーの開始時間は、決まってないようなのでお近くのキャストさんに聞いてみてください。鱈バーガーを食べながらショーを見る。これも、なかなか楽しい食事ですよね(^^)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

タワーオブテラー-93

タワー・オブ・テラー

ツアー開始まで、あと8日!!

Q9:ベアトリスとは?

A:ニューヨーク市保存協会の代表です。「ベアトリス・ローズ・エンディコット」は、エンディコット三世の七女です。ハイタワー三世が建てた「ホテルハイタワー」に惚れ込み、ニューヨーク市保存協会を設立します。そして、父であるエンディコット三世によるホテル解体を中止させました。その後、ホテルを修復し見学ツアーを開催することにしたのです。当然、父であるエンディコット三世には内緒で進められました。

(「Disney FAN 9月号増刊」より参照)

Kc271611  

 

 

これは、「タワーオブテラー」のファストパス発券所です。なんと9台もありました。あの「レイジングスピリッツ」のときで8台だったのに。(DISNEY-RESTさん談)最大台数を誇るファストパス発券機。このアトラクションの規格外のすごさを感じさせます。

OPENしたら、ファストパス発券機はフル稼働でしょうね(^^”)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

センター・オブ・ジ・アース-6

タワー・オブ・テラー

ツアー開始まで、あと9日!!

また、お久しぶりですね(^^)今回は、みなさんが意外と気づいていないかもしれないことをお話します。

Kc271562  

 

 

画質が悪いのはお許しください。夜の撮影は駄目なのです(T_T)これは、地底を掘り進める削岩機です。これ、プロメテウス火山を貫通しているのはご存知ですか?

Kc271564  

 

 

 

ここが、エントランス(入口)です。ここで、180度振り返ってみてください(^^)すると・・・・・

 

 

Kc271563  

 

 

削岩機のドリルが見えます。この強力なドリルで、地底奥深くまで掘り進めることができるんですね(^^)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-92

タワー・オブ・テラー

ツアー開始まで、あと9日!!

もう待ちきれませんね(ToT)あと、9日です!

今度は、正面左側から撮った夜のライトアップ写真。

Tot51  

 

 

ほとんど、変わりないですが(^^”)もう少し離れた写真も載せますね。

Tot53  

 

 

どの角度から見ても、恐ろしい建物です(T_T)

あと余談で、8月23日「タワーオブテラー」に乗ったときに起こった出来事をネタバレ無しで・・・・

「TOWER of TERROR ツアー」エピソード2

ツアー最後のエレベーターへ、ゲストは乗車。そして、みんな恐怖に怯えながらも準備が整いました。

 

 

すると、別のエレベーターで安全装置が作動!!

このエレベーターも待機状態になりました。重々しい空気。すると、僕の隣に座っていた中国人と思われる夫婦が、とても不安そうな表情で話しているのです。そうしていると、男性がキャストさんに、英語で何か言い始めました。しかし、キャストさんは英語が苦手なようで、対応できない感じでした。

女性が「落下するのか?」みたいなジェスチャーをしたので、キャストさんはうなずきました。すると、突然慌てだして、安全ベルトを外し、2人ともエレベーターを降りてしまいました。

どうやら、そんな絶叫系アトラクションだとは思わなかったようです(^^”)

このアトラクションは、急上昇・急降下を伴うフリーフォール型のアトラクションです。ツアーだけじゃないんで、そこらへんを勘違いしないようにしてくださいね(^^”)

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年8月25日 (金)

タワーオブテラー-91

タワー・オブ・テラー

ツアー開始まで、あと10日!!

Q8:「ホテルハイタワー」を修復したのは?

A:ニューヨーク市保存協会です。1912年6月、コーネリアス・エンディコット三世により、「ホテルハイタワー」解体と、新ホテル計画が発表されました。しかし、ニューヨーク市保存協会が、「この建物は歴史的建造物であり永久に保存されるべきである」と主張。これが市議会に正式に承認され、解体が中断されました。そして、ニューヨーク市保存協会は、一般客のためのツアーを企画し「ホテルハイタワー」は修復されることになりました。

(「Disney FAN 9月号増刊」より参照)

Kc271616 

 

 

 

これは、8月23日に撮影してきたものです。この注意書きを、しっかり読んでからアトラクションに挑戦しましょう(^^”)

それでは余談ですが、僕が、「タワーオブテラー」に乗ったときの、出来事をご紹介しますね(^^)当然、ネタバレはしませんからご安心してください(--)

 

「TOWER of TERROR ツアー」エピソード

それは、親子連れでした。母親と女の子3人。一人は、明らかに、まだ小学1・2年生くらいの女の子。この子に、このアトラクションに耐えうる精神力が備わっているか、遠目で心配でした(--”)

おそらく、「怖いもの見たさ」みたいな好奇心で、「恐怖の塔:TOWER of TERROR」ツアーへ親子そろって参加してしまったのでしょう!しかし、ツアーが進むにつれ後悔の念が増していったでしょうね。「ディズニーだから、そんな怖くないだろう」という甘い考えがあったのかもしれません。呪いの偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」への恐怖が、ジワジワと迫ってきて、「参加するのは間違いだった」と感じたでしょう・・・・

しかし、よくここまで来れたと思います。いよいよツアー最後のエレベーターへ。途中リタイアした人もいたのに、よく全員たどり着きました。幼い女の子は、恐怖に必死に耐えているようでした。

エレベーター内は、とても静かで、重々しい雰囲気。そして、小さく悲鳴が聞こえます。他のゲストの悲鳴でしょうか?さらに恐怖を仰ぎたてます。一体何が起こっているのでしょうか?

そして、ニューヨーク市保存協会の方が、エレベーターの扉を閉めます。もう、逃れられない恐怖。恐怖が最高点に達します。幼い女の子は、我慢の限界に達し、隣に座る母親に抱きつきました。顔を母親の胸元に押し付け、震えていました。母親は、「大丈夫、大丈夫」と安心させようとしていましたが、そう言っている母親も、そうとう恐怖に顔が染まっていました。

 

 

「キャァァァァァァ!!!」

エレベーター内に、悲鳴が響き渡りました。エレベーターは、急上昇・急降下!!

 

 

 

・・・・なんとか、エレベーターが止まり、扉が開いた時には、幼い女の子は泣いていました。母親は「よくがんばった」と、あやしていました。僕も、「よく頑張ったなぁ・・・」と思いました。

このアトラクションは、7歳未満のお子さんが乗るには、大人の同伴が必要です。(上の写真にも書いてあります)

呪いの偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」によって消されてしまった「ハリソン・ハイタワー三世」・・・・幼いお子さんをツアーに参加させるのでしたら、保護者の方は、しっかりお子さんを守ってあげてください。「シリキ・ウトゥンドゥ」の呪いで消されないように・・・・・

 

・・・ちょっと、怖く書きすぎましたね(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「シー日記」レポ-10

タワー・オブ・テラー

ツアー開始まで、あと10日!!

8月22日に「タワーオブテラー」のスニーク(試し運転)が行われたという情報を知り、急遽8月23日にシーへ向かいました(^^)

そして、バイト終えてシーへ直行!!到着したのは、10時ごろでした。そして、アトラクション待ち時間の掲示板へ!すると・・・・・

 

 

 

Kc271605  

 

 

「オォォォォォォ!!!?」

心の中で絶叫しました(笑)「タワー・オブ・テラー」が、ちゃんと掲示板にありました!それに30分待ち!?驚きました。慌てて小走りになりつつも「タワーオブテラー」へ(^^)

そんで、スニーク中の「タワー・オブ・テラー」に乗ることができたのです!!嬉しかったです。あれだけ、ず~~~~~っと待ちわびていたアトラクションに乗れるという感動はすごかったですね(TOT)大興奮の中、キューライン(並ぶところ)へ。そして、驚きのプレショーや内観に釘付け(@@)

 

 

 

・・・・並んでいて、あることに気づいたんです。別に「タワーオブテラー」のネタバレじゃないんで安心してくださいね(^^)僕と同じように1人で並んでいる人がいました。それで、話しかけてみたんです。そしたら、なんとなんとDreamagicさんでお世話になっていた「DISNEY-RESTさん」だったのです!!

そんなわけで、一緒に「タワーオブテラー」乗りました(笑)僕は、心臓バクバクで初乗車。ライドが終わったときは、涙目になりました。すごく怖かったけど、すごく面白かった(^^)

そのあとも、DISNEY-RESTさんと一緒に、「ビックバンドビート」や「レジェンド・オブ・ミシカ」鑑賞。そして、ピア33で休憩しました。そんで、また「タワーオブテラー」へ。結局「タワーオブテラー」は5回も乗ってしまいました。怖いんですが、面白くて何度でも乗りたくなっちゃうんです(^^”)

そして、夕方5時ごろになり、DISNEY-RESTさんとお別れしました。ちょっと別れ惜しかったなぁ・・・・・(T_T)

この日は、OPEN前の「タワーオブテラー」に乗れて嬉しかったのですが、それ以上に、DISNEY-RESTさんと出会ったことが一番嬉しかったです(^^)僕のまわりにディズニー好きがいなくて、ちょっと凹んでいた時期があったんですよ(--”)けど、同じディズニー好きな仲間にたまたま出会えて、いろいろ語れたのが楽しくてしょうがなかったです(T_T)

また、DISNEY-RESTさんとシーでお会いできたらいいなぁと思っとります!!

にしても、不思議な出来事でした。これは、ディズニーマジックだったのかな(笑)

いろんな意味で、嬉しかった1日でした(^^)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

シンドバッド・セブンヴォヤッジ-5

タワー・オブ・テラー

ツアー開始まで、あと10日!!

みなさん、このアトラクションの建物の前の海岸に停泊している船は何だと思いますか?

Kc271260_1  

 

 

これは、「海のラクダ」といわれる木造船で、アラブ地方では昔からインドとヨーロッパの交易に利用されていたそうです。おそらく、シンドバッドもこの木造船で、多くの商人を連れ7つの海を航海する旅に出たんでしょうね。ちなみに、この船ってアトラクションのライドと似ている気がするのですが??おそらく一緒ですよね(^^)?

Photo_37  

 

 

まさに、みなさんゲストは、シンドバッドの乗った船で、大海原への7つの海をめぐる冒険へ旅立つわけです!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-90

タワー・オブ・テラー

ツアー開始まで、あと10日!!

あと、10日となりました!!もうすぐです(^^)東京ディズニーリゾートに史上最恐のアトラクションが誕生するのは!!

今日は、8月14日に撮ってきた夜のライトアップされた写真を再びご紹介(^^)

Tot41 Tot42  

 

 

ちょっと、正面右側から撮りました。やはり迫力ありますね(^^)

Tot43 Tot44  

 

 

左の写真は、看板に緑色の稲光が全体に行き渡っている様子が分かるかと思います(^^)

そういえば、今週のオーディオラジオドラマ「TOWER of TERROR」の最後は、意味深でしたね(--)「ホテルハイタワー」の庭園で倒れていた女性とは誰なのでしょうか?・・・・・・冴子??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

タワーオブテラー-89

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと11日!!

WILLさん、情報提供ありがとうございました!!

GYAOにて、CM用(約1分)の「タワー・オブ・テラー」映像がご覧になれます!ぜひご覧ください(^^)

ここをクリックして下さい(^^)

あの失踪事件から時が止まったかのような「ホテルハイタワー」。そこへ、夜に訪れたベアトリス。にしても本当に綺麗ですね!嬉しいことに、ストラングもハイタワー三世も登場。そして、あのシリキも(--”)

最後のハイタワー三世のビックリ顔が印象的(笑)

すばらしい出来ですね!このCMがオンエアされれば、とんでもないことになりそうで、今から怖いです・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-88

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと11日!!

8月23日にシーへ行ったとき、9月4日OPENの「タワー・オブ・テラー」がスニーク(OPEN前に慣らしのための稼動)されており、乗ることが出来ました(^^)みなさんより、先に体験させていただきまして大変申し訳ないです(--”)それも20分前後の待ち時間だったので5回も乗ってしまいました。その体験をもとに、ネタばれ無しで、みなさんの知りたいであろうことをお答えしようと思います(^^)

ちなみに、なぜネタばれをしないのか?それは、みなさんに実際に乗って楽しんでもらいたいので、内容を知ってしまって楽しさ(恐怖)が半減してもらいたくないんです。それに、そのぐらいめちゃくちゃ面白いアトラクションだし、ディズニーが総力を掛けて創り上げたアトラクションなんで(^^”)なんとか、実際に乗るまで堪えて頂きたいです。

すでに、ネット上には部屋内部の画像も含めたネタばれサイトはあるようです。見てしまった時点で、楽しさは半減してしまうかもしれません。それでも、いいのでしたらどうぞご覧ください。個人におまかせいたします(--)しかし、僕のサイトではある程度時期が来るまではツアー内容を公開しません。あらかじめご了承ください(--)

では、ネタばれしない範囲で皆さんの気になっていることをお答えしていきますね(^^)それでも、知りたくない内容ありましたら、絶対に見ないようにしてください。ちなみに、答えを見るには、カーソルを合わせてドラッグ(マウスを左クリックした状態で移動させる)するとご覧になれます。

 

 

Q1:キャストさんは、ホーンテッドマンションのように怖い感じなのか?

 

A1:普通です。普通のテンションで案内してくれます(^^”)ただ、人によっては怖さを出しているキャストさんもいました(笑)

 

Q2:プレショーは、何分なのか?

 

A2:計測したところ3分42秒でした。ただゲストの誘導具合も考えて約4分と考えてください。

 

Q3:ライド(エレベーター)の体験時間が約2分とあるが、実際のところどうなのか?

 

A3:こちらも、扉が閉じてから計測スタートさせ、再び扉が開くまでの間で計測しました。2分7秒です。ほぼ体験時間は約2分です。ただ、乗車・下車時間は省いているので、それを含めば約3分となります。

 

Q4:・・・ということは、ツアー全体ではプレショー約4分とライド約3分で、合計約7分ってことなのか?

 

A4:違います。ツアー途中、(見学)待ち時間もあるので、合計したら・・・・20分~30分くらいのツアーになると思いますよ(^^”)けっこう長いです。

 

Q5:車椅子の人でも乗れるのか?

 

A5:乗れます。実際にツアーに参加していました(^^)

 

Q6:シングルライダーはやっているのか?

 

A6:やらないそうです。

 

Q7:ツアー途中で引き返すことは出来るのか?

 

A7:ツアーが始まってしまったら引き返すことは無理です。ただ、エレベーターに乗るところでキャストさんに言えば、乗らずに済みます。僕が乗るときも、あまりの怖さに耐えかねてエレベーター乗車断念した人が数人いました(^^”)

 

Q8:なんで、あの「タワー・オブ・テラー」が待ち時間20分前後と空いているのか?

 

A8:これは、単純にみなさん知らないからだと思います。たまたま、新アトラクションが動いているということで、それじゃ乗ってみようみたいな人が多かったです。スニーク情報を知っていても、その日やるか分からないので来る人はさほど多くないでしょうし。

 

Q9:エレベーターの乗り場は何箇所あるのか?

 

A9:1階に3箇所、2階に3箇所、合計6箇所です。

 

Q10:体験時間約2分って短くないか?

 

A10:妥当なところだと思います(^^”)これ以上体験時間増やされたら、子供や中高年の方は無理ですね。僕でもキツイかも・・・

 

Q11:管理人ホリのエレベーターの感想は?

 

A11:確かに、絶叫系ですが、やはり海外に比べたら絶叫度は抑えてあるようです。足が浮くほどの急上昇・急降下ですが、ビッグサンダーマウンテンのように絶叫系でありながらも楽しむ余裕のあるアトラクションだと感じました。あと、あの最上階付近から見るシーの眺めは最高でした!今度は夜も乗ってみたいです。

 

Q12:他のゲストの反応は?

 

A12:とにかくいろんな意味で大絶賛でしたね(^^”)「シーもすごいのできたね!」「ヤバイ面白すぎる」「もう1回乗りたい!!」「シー5周年だけあってやるなぁ!」「怖かったぁ(T_T)」「怖くてもう乗れない・・」「シーの中で一番面白い!」「手の震えが止まらない(笑)」「ビエェェェェェ(TOT)(泣き叫ぶ小さい子供です)」「ウェッ(--”)(あまりの緊張と恐怖で体調不良に陥った子供です)」あと、「あれ?もう終わり?なんか短いなぁ」って人もいました。絶叫系に慣れすぎです(笑)もうこれくらいで勘弁してください(TOT)

 

Q13:ライド(エレベーター)はランダムで異なる落下をするっていうのは?

 

A13:ランダム落下はしません。5回乗ったので間違いないでしょう。同じ動きをします。僕的には嬉しかったです!将来的にランダム落下になることを期待しましょう!

 

Q14:結局のところ何回落下するのか?

 

A14:3回です。その落下の仕方が、3回とも異なった予測不可能な動きをします。焦らし方も最高です!実際に乗って確かめてくださいね(^^)

 

以上です。他に聞きたいことあるかもしれませんが、お答えできる範囲でしたらコメントいたします(^^)あと、ネタばれを含んだコメント等ありましたら、こちらで一部内容を変更もしくは削除させていただきます。あらかじめご了承ください(--)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

シー5周年のデコレーション-8

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと11日!!

今回も、ミステリアスアイランドで行きます。バナーの紹介!

Photo_34  

 

 

 

いかにも、ネモ船長がデザインしたような、機械的なミッキーが印象的ですね(^^)耳部分は、温度計でしょうか?

Photo_35  

 

 

 

こんな感じで、バナーと一緒に撮ると、いい味の写真になりますよ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーを彩る「水の流れ」-4

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと11日!!

1ヶ月ぶりぐらいのお久しぶりの登場です(^^”)まだまだ、たくさん紹介したいのですが、なかなか後回しになってしまいます(--”)

Photo_33 

 

 

 

これは、「フォートレス・エクスプロレーション」の中央にある噴水です(^^)このデザインも、凝ってますよね。噴水の口は、すべて魚の口で、受け皿が大きな貝ですね。

ただ、なんですべて魚介類なんでしょうか?このエリアなら、大航海時代の人物なりを噴水のモニュメントにしてもよかったのでは??

・・・・全然いいんですけど(笑)気になったので書きました(^^)それとも、大航海時代に活躍した作家の作品に出てくる魚や貝だったり??・・・・わかりません(T_T)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-87

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと11日!!

Q7:呪いの偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」とは?

A:ハイタワー三世がコンゴ川流域に住む民族「ムトゥンドゥ族」から手に入れた偶像です。部族の言葉で「災いを信じよ」という意味を持ちます。
この偶像は、ムトゥンドゥ族の祭壇に祭られていました。部族の呪術師が作ったそうで、恐ろしい魔力を秘めています。ハイタワー三世は、人目でこの偶像に惚れ込み、力ずくで奪ってきました。
それが祟ったのでしょうか?ハイタワー三世は、忽然と失踪してしまったのです。
ハイタワー三世失踪後、今でもホテルのあちらこちらで「シリキ・ウトゥンドゥ」が目撃されています・・・・・

(「Disney FAN 9月号増刊」より参照)

今日は、再び夜のライトアップされた「タワーオブテラー」をご紹介!!

Tot1_1 Tot2_1  

 

 

 

 

画質が悪いのはお許しください(--)携帯カメラで撮影しているので・・・

間近から見上げると、後方の青紫色に染まるタワーオブテラーはより不気味で恐怖感を掻き立てますね(--”)

Tot3_1 Tot4_1 

 

 

今度は、正面から見上げた写真。玄関の看板が緑色や白色に「TOWER of TERROR」 と浮かび上がっていました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

レジェンド・オブ・ミシカ-11

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと12日!!

では、今回から少しずつデイタイムハーバーショー「レジェンド・オブ・ミシカ」の中身をご紹介しますね(^^)

以下から、多少のネタばれ含みます。ご了承の上ご覧ください(^^)

 

 

 

 

プロローグ

ダイヤモンドの女神が「ミシカ」の伝説を語る

Kc271157  

 

 

ダイアモンドの女神が、ミシカの伝説を語り始めます・・・・

みなさんの目の前に立っているのは、神話の世界へと導く古代魔法の鍵。ハーバー中央にある船のことを「キーバージ」と言います)

それは、遥かなる時代に伝説の生き物たちが残していったもの。

その謎を解くには、私たちが力を合わせなければなりません・・・

そうすれば、閉ざされた門が開き、愛に満ちた世界を見つけることができるでしょう。

どうぞこの魔法の旅にご参加ください。東京ディズニーシーがお届けするイマジネーションの世界へと誘う航海『レジェンド・オブ・ミシカ』

そう、魔法は今まさに始まろうとしているのです。

(「レジェンド・オブ・ミシカ」公式サイトより参照)

 

Kc271161 Kc271162  

 

 

 

すると、「キーバージ」から噴水が湧き上がり、壮大な曲がハーバーに流れます。そして、パイロ(花火)。すると、「キーバージ」中央から、「ダイアモンドの女神」が登場します。

Kc271163  

 

 

すると、モーターボートがハーバーを回り始めます。壮大なショーの幕開けです!!

続きはまた今度に(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトスポットめぐり-8

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと12日!!

今日は、メディテレーニアンハーバーにある橋「ポンテ・ヴェッキオ」(高架鉄道が通るとこの橋です(^^))にあるフォトスポットをご紹介。

Photo_28  

 

 

 

 

今回は、2パターンでご紹介しますね(^^)まずは、7月14日に撮った曇りがちの天気に撮った写真。

Photo_29  

 

 

明度を最大にして撮ったので、ボア~っとした、夢の中にいるような写真になりました(--)僕としては、しっくりきませんでした。「フォートレス・エクスプロレーション」と停泊している「ルネサンス号」。要塞から、まさに「冒険」の航海へ船出しようとしている感じが出ていませんでした(--”)

しかし、8月14日に再び撮った写真は・・・・・

 

 

 

 

Photo_30

 

 

 

まさに、僕のイメージする「冒険」への船出にふさわしい写真が撮れました(^^)青空と入道雲が最高です!!

天気によって、こんなにも雰囲気が変わるものなんです。みなさんも、写真を撮るときは、テーマ性を考えて撮るのも大事かと思いますよ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-86

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと12日!!

Q6:「ハイタワー三世の失踪事件」とは?

A:1899年12月31日、「ホテルハイタワー」にてハイタワー三世のコンゴ遠征からの帰還パーティーが開かれました。そして、真夜中の0時にホテルが突然停電したのです!!さらに、最上階にあるハイタワー三世の書斎から緑色の閃光がきらめき、すさまじい衝撃とともに落下するエレベーターの中で、ハイタワー三世は忽然と姿を消してしまいました・・・・・・
原因がわかるまでは、ニューヨーク市消防署はホテル閉鎖を決定しました。以来、ニューヨーク市民は、このホテルを「タワー・オブ・テラー」と呼ぶようになったのです。
一体、ハイタワー三世はどこへ消えてしまったのでしょうかね(^^”)

(「Disney FAN 9月号増刊」より参照)

今日は、再び8月20日に撮ってきた、「タワーオブテラー」最上階のハイタワー三世の書斎から緑色の閃光を放った写真を紹介(^^)

Kc271585 Kc271592  

 

 

 

 

すでに、スニーク(OPEN前にライドの動きを確かめるため、一般の人を乗せること)が22日に行われたそうです。しかし、早いですね(^^”)

またいつスニークをやるか分かりませんが、僕も近々シーへ行くことにしました(^^)スニークやってればいいのですが・・・・

Kc271593 Kc271597

 

 

 

間近で見ると、この緑色の閃光は迫力ありますよ!!そして、落雷音も。さらには、ゲストの悲鳴も(笑)ぜひとも、夜に乗ってみたいです(^^)

あと、ライド(ここではエレベーター)の様子を何度も見ていて思ったこと書きますね。

・ゆっくりした落下をしているように見えるのですが、ゲストの悲鳴が尋常じゃありませんでした(^^”)どうやら、見た目と乗るのでは、ぜんぜん違うようです。もしかすると、ライド内で何か起きているのでしょうか?

・落下は、少なくとも2回以上あることは間違いないです。何でそういえるのか?それは簡単です。ゲストの悲鳴が2回は聞こえました(笑)あと、中学校の理科の時とかで習ったかもしれませんが、「ドップラー効果」知ってます?救急車が通過すると音が変化するやつです。そのゲストの悲鳴が、そのような急激な落下による音の変化があったので、これは落下による悲鳴なのだと確信しました。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年8月22日 (火)

タワーオブテラー-85

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと13日!!

今日は、8月20日に行ったときに撮影してきた写真をご紹介。

Kc271509_1  

 

 

ベンチが置かれていました。このアトラクションで体調不良になった方は、ここで休憩しましょう(笑)それでも、駄目だったら、おとなり救護室へどうぞ♪

Kc271515  

 

 

そして、今回も覗き見。キャストさんが、ライド終了後のゲストをお見送りしています。メモラビリアにはグッズが置かれているようでした。みなさん、どんな恐怖体験をしたのでしょうね?

あと、訂正です。

Kc271426_1  

 

 

前、この写真ご紹介しましたが、近くに寄って中を見たんです。そしたら、隣のレストランとつながっているらしくて、テーブルが置かれていました。つまり、中はレストランになっています。

・・・・・・この建物って前からありましたっけ?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

シーを彩る「草・木・花」-12

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと13日!!

Photo_31 Photo_32   

 

 

 

 

これは、ニュトリさんに教えていただいた「ミッキーマウスツリー」です。場所は、ポートディスカバリーからロストリバーデルタへ向かうゆるい坂の脇にあります(^^)旬が過ぎないうちに、早く見ていただきたいです(^^)

にしても、「ミッキー」っていう名前が入った花があるのが驚きですよね!ポートディスカバリーは、そういう面白いネーミングの草花があるようです。未来型の進化した草花をイメージしたセレクトなのでしょう!

ちなみに、どこらへんが「ミッキー」なのか??おそらく、実が「ミッキー」のような形や色に似ているからでしょうね(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

フォトスポットめぐり-7

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと13日!!

今日は、前回も紹介した「ケープコッド」 のフォトスポットを5周年バージョンとして、ご紹介します(^^)

Photo_26

 

 

 

これは、7月14日の写真。昼間に撮りました。

Photo_27  

 

 

夏っぽい、清々しい写真になりました(^^)5周年のショー「ケープコッド・ステップアウト」のステージも映っています。前は、夕方ごろに撮りましたが、こっちもこっちで悪くないと思いました(^^)

ただ、個人的には田舎の漁村「ケープコッド」の雰囲気を出すのでしたら夕方ごろに撮ったほうが、街灯が灯って、いい写真になると思います!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-84

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと13日!!

Q5:なぜ「ホテル・ハイタワー」は閉鎖してしまったのか?

A:1899年12月31日に起きた「ハイタワー三世の失踪事件」が原因です。

(Disney FAN 9月号増刊を参照)

では本題へ・・・・・

今日は、タワーオブテラー正面前付近の写真を紹介。

91_1 92_1  

 

 

 

 

 

やはり、非対称で複雑で美しい造形をした建物ですよね(^^)見ていて、飽きが来ません。ずっと眺めていたくなります。

93_1 94_1  

 

 

 

 

 

OPENすれば、ここにものすごい人々が押し寄せ大混雑になるんでしょうね!そういう意味では、この人気のない風景は貴重な写真になるかも(--)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

タワーオブテラー-83

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと14日!!

では、さっそく昨日(8月20日)に撮影してきた、「タワーオブテラー」のハイタワー三世の部屋が緑色の稲光を放つ様子です(^^)たくさん撮ってきたんで、分けてやりますね。

Kc271531 Kc271535  

 

 

まずは、わかりにくいかと思いますが、一応撮れている写真です(^^)この書斎が光、エレベーターへと緑色の稲光が走ります。そのあと、ゲストの悲鳴が(==”)この日は、結構やっていましたね。

あと、遠くからも撮った写真も紹介。ピントまったく合っていません。そこらへんはお許しください(--”)

Kc271568  

 

 

遠くからでも、はっきりわかります。見ていて楽しいです(^^)ずっと見ていたくなります。あの緑の稲光の演出が良いです!

そういや、Dreamagicさんのとこでの情報で、このアトラクションのライド数は6台で乗り場が2つらしいですね。つまり、縦横移動、もしくは前進移動・後退移動もあるようです。フロリダの要素も加わっていたとは、驚愕でした(@@)さらに、楽しみだ!!!

あと、すでにネット上に、この「タワーオブテラー」のプレビュー(試乗)レポが出ていましたね。ネタばれしているかも・・・僕は、絶対に見ませんから!!自分自身が乗るまでは!!

| | コメント (20)

「シー日記」レポ-9

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと14日!!

昨日、再びシーへ行ってきました(^^)

そんで最大の目的は、「タワーオブテラー」の案内状をもらえたら?もらうのと、9月に向けてTOP用の恐ろしい写真を撮ってくることでした(^^)

パークに着いたのは、16時ごろ。遅かった(T_T)なんか最近、夏バテで体力切れしているんです。けど、精神的には元気なのですが・・・

今回は、アトラクションひとつも乗らず、ショーは16:00「オーバーザウェイブ」、16:30「チップとデールのクールサービス」、17:45「ビッグバンドビート」を見て、それ以外は、「タワーオブテラー」の撮影をがんばっていました。

この日も、プレビュー(試乗)があり、ゲストの悲鳴が何度も響いていました。緑色に光る雷を、なんとか撮影成功しました(T_T)大変だった。あれ、いつ来るかわからなかったもんで。ちなみに、僕だけでなく結構な人が「タワーオブテラー」を撮影していました。お話したかったですが、体力がなく、声をかける気力がありませんでした(笑)ベンチに座って休憩したり・・・・

そして、最後に20:05の「ブラヴィッシーモ」を見ようとハーバーへ。

ミッキーが登場し、パイロ(花火)が上がるところで異変!?なんか、花火があまり、あがらなかったんです。そのときは、「花火少ないバージョン?」とか思っていたのですが、ミッキーが去り水の精登場シーンへ向かおうとした矢先、ハーバーが真っ暗になりました。

 

 

「ショー途中ですが、システム調整のためショーを中止させていただきます。」

 

 

 

 

「えぇぇぇぇぇ!!?」

ハーバーに、ブーイングが響き渡りました(TOT)まさかの中止です。途中で。あまりに、ひどい!!僕は年パス所持者だから別に次もありますが、家族連れとか可哀そう(--”)とくに子供が可哀そう。楽しみにしていただろうなぁ・・・・

こんなことは、2度と起こさないでほしいですね(ーー#)

ちょっと、悲しくなった1日でした。

Kc271513 Kc271541 Kc271556

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トリオ・メロディーア

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと14日!!

7月14日に行ったときに、メディテレーニアンハーバーで行われていたショー「トリオ・メロディーア」です(^^)

5_8  

 

 

ギター・バイオリン・アコーディオンをそれぞれ弾く3人組が、この写真のような、プロメテウス火山が望めるすばらしいバックステージで軽快に演奏していました(^^)

5_9  

 

 

3人では、余裕たっぷりの広いエリアを、バイオリンを弾く女性が、歩きながら楽しそうに弾いていました(^^)結構軽快な速いテンポの曲で、バイオリンの早弾きがすごかったですね!!

この日は、5周年アニバーサリー初日ということもあって、みなさん張り切っていた感じでした(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今週の「夢の通り道」-20

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと14日!!

今週の「夢の通り道」は、メディテレーニアンハーバー・「フォートレス・エクスプロレーション」の中にある「チェインバー・オブ・プラネット」から。大航海時代は天文学が発展した時期でもありました。そのときに活躍したのが「チコ・ブラーエ」。前回と同様ですね(^^)肖像画もあるそうです。

チコ・ブラーエの観測記録は、地動説の証拠にも使われたのだとか。デンマーク・コペンハーゲン。ここにチコ・ブラーエの死後「ラウンド・タワー」という塔ができました。天辺には本格的な天文台があります。屋上までは、らせん状のスロープが続きます。昔、貴族たちは馬車で一気に駆け上ったとか。確かに、幅が広く上れそうですが、よく塔が壊れませんでしたよね(^^”)屋上からは、コペンハーゲンが一望できます。

街の人に、チコ・ブラーエのことを聞くと、すごい人だと言っていました。確かに、この人がいなかったら天動説になっていたりしたのかもですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトスポットめぐり-6

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと14日!!

今日は、この前までTOPで使用していたフォトスポットの写真をご紹介(^^)

Photo_25  

 

 

これは8月14日に撮りました。「フォトスポットめぐり」でも撮ったところですが、今回は5周年バージョン。この日は、とても日差しが強く、「アクアスフィア」前はゲストでにぎわっていました(^^)

 

青空と入道雲

くっきり映っている影

夏休みのお盆に押し寄せた多くのゲストたちの姿

すべてが、「夏」を表しているかのような、清々しい写真となりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-82

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと14日!!

Q4:「ハリソン・ハイタワー三世」はどのような人物なのか?

A:ニューヨークで一番の大金持ち。利己的で徹底した秘密主義者。
頭脳は明晰なのに、性格は横暴かつ傲慢で傍若無人だそうです。世界各地を冒険して、冒険物語を出版しました。

(「Disney FAN 9月号増刊を参照)

では本題へ・・・・・・

またまた、看板をご紹介。「タワーオブテラー」正面に新たに立てられた看板です(^^)

Tot21 Tot22  

 

 

 

この左の看板は、ニューヨーク保存協会会長、ベアトリスが「タワーオブテラー」ツアーについての広告しています。また、右の看板は、ハイタワー三世についていろいろ新聞の切り抜き記事が展示されていました。この看板の裏にも、何かあったような気がしました・・・・・が、見るの忘れました(--”)

Tot23  

 

 

 

この看板の前に立ち止まるゲストが、たびたびいました。早くこの玄関前に、多くのゲストが並ぶ光景を見てみたいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

シンドバッド・セブンヴォヤッジ-4

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと15日!!

ちょっと間が開いてしまいました(--”)では、残りの問題点4と5などの解決策を考えてみますね(^^)

は、ある意味どうにもなりませんね(--”)キャラクターとしてかわいくないからって、かわいくするわけにもいかないし・・・・・知名度が低いのであれば、みなさんにこのブログを通して、シンドバッドのストーリーを書くことが解決策かと思います(^^)

は・・・・・・難しいですね(--”)どうにかして、耳を凝らして話している内容を聞いてください!!・・・・というのは、あまり解決策とは言い難いですね(^^”)話す内容を短めにしたり、話す人数を減らしたりすれば、より聞き取りやすいかと思うんですが・・・・

あと、「音楽が耳に残らない」のは、人形たちの話している声に耳を集中させてしまっているからかもしれないですね(^^”)または、ちょっと厳しいことを書きますが、耳に残るほどのいい楽曲ではないのかもしれないです。例えば、ランドの似たライドで・・・・・

・「カリブの海賊」・・・歌詞がひどくとも(笑)あのメロディー「ヨーホーホーッ♪・・・」は、頭から離れません。

・「イッツ・ア・スモールワールド」・・・「小さな世界」を世界中の人々が歌います。あの歌は、みなさん小学校の音楽の時間とかでやったことあるのでは?やはり親しみのある曲ですよね(^^)

単純に、いい曲だと、また聴きたくなりますよね(^^)だから、またこのアトラクションに乗りたくなるのかもしれないですよ。当然、他にも魅力があるとは思いますが。

とりあえず、解決策を見出せなかった部分は、半年かけてのリニューアル??に期待しましょう!そして、僕が最大限できることは、このアトラクション自体の魅力や、「船乗りシンドバッドの冒険」の大体のストーリーをお伝えすることでしょうか?

では次回は、そこらへんをお話しますね(^^)

 

 

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

フォトスポットめぐり-5

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと15日!!

Photo_23  

 

 

今回の「フォトスポットめぐり」は、メディテレーニアンハーバーにある「ヴェネツィアン・ゴンドラ」付近にあるフォトスポットです(^^)

Photo_24  

 

 

なんか、どこかイタリアの街へと迷い込んでしまったかのような、優雅な写真。夜になると、さらにロマンティックなムード漂う場所になります(^^)僕としては、夜の撮影が可能なのなら、夜にここで撮ることをおすすめします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-81

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと15日!!

Q3:「ホテルハイタワー(タワーオブテラー)」の特徴は?

:14階建てで、建物の高さは約59m。建物のデザインは世界中の建物の折衷様式です。
世界の珍品や骨董品を求めて世界中を旅した大富豪家「ハリソン・ハイタワー三世」。その象徴とも言うべく、「ホテルハイタワー」は世界中の建物をうまくミックスした豪華な建物です。このホテルには、舞踏室、屋内プール、スパ、庭園などがあり、世界中から訪れた人々を楽しませてきました。

(「Disney FAN 9月号増刊」より参照」)

では本題へ・・・・・

今日は、タワーオブテラーの正面の玄関口付近の様子を撮った写真をご紹介!!

81  

 

 

 

これは、玄関口の上にあるステンドガラス。どうやら、ハイタワー三世と思われる男性の姿が描かれていますね(^^)そして、手前の柱には、竜のようなオブジェが。

82 

 

 

 

 

これは、玄関両脇にある鉢植え。このつぼも、凝ったデザインですよね(^^)

Kc271315  

 

 

 

 

これは身長を測る道具。このアトラクションは身長が102cm未満だと乗れません(T_T)ちなみに3歳未満も乗れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

タワーオブテラー-80

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと16日!!

SPIDER-MANさん、マジオさん、情報提供ありごとうございました(^^)昨日(8月19日)に、「タワーオブテラー」サイトが更新されました。

更新されたのは、インタラクティブツアーの後半部分。正直、僕の想像を超えていました!!ここまで、造り込まれたツアーだとは思いませんでした。あの巨大な倉庫は、実際にあるんですよね!?2階にも渡り、世界から収集された文化遺産級の珍品や骨董品。あの膨大な量に唖然としました(--”)この倉庫内の演出だけで、何十億くらいかけているのでは?

そして、この倉庫でのツアーは、4箇所に分かれた部屋AからDまでを順々に見て回るんでしょうね(^^)これは、じっくり見てみたいですね!仮面の部屋は不気味そうですが(笑)

見終わると、とうとうクライマックス、エレベーターへ乗車です。もう、精神的に恐怖感と不安感が最高点に達した状態でしょう!そこで、遭遇するであろうシリキの呪いにゲストは耐えられるのでしょうか?僕は無理かも(笑)

今までにない、ディズニーのイマジネーションを総集結させた、新たな挑戦とも思えるアトラクションだと感じました。さらに楽しみになってきましたね(^^)

では、僕なりに思ったネタバレになりそうなインタラクティブツアーの感想を書きますね(^^)それをご了承の上御覧ください(--)

 

 

 

 

 

今回の後半部分のツアーで、「アーチー=スメルディング」であることが証明されました。そして、この「ホテルハイタワー」に住み着いていることも。

それにしても、スメルディングはシリキの呪いを恐れているのに、なぜここに留まっているのでしょう?それは、憶測ですがシリキの呪いを解く方法を探し出し「ハリソン・ハイタワー三世」を救おうとしているのでは?

つまり、失踪後13年もの間ずっと、その研究をしていたのかも。しかし、エンディコット三世がこの建物を壊すという話が出て、慌てて娘ベアトリスに近づき保存とツアーを計画させたのかと。

あと気になったのが、スメルディングの隠れ部屋のハシゴ下の前にあった、文化遺産「アステカ文明の神像・トラゾルテオトル」。なぜこれが、ここに置かれていたのか?

それは、この神像が「不潔を食らうもの」であることを知っていたからなのでは?シリキが進入できないように置いたのかもしれないですね(^^)

いろいろ考えると、ある仮説が浮かんできました。「スメルディングは、シリキの呪いを解く方法を発見しつつある」のかもしれません。つまり、シリキの呪いにかかってしまったゲスト達の呪いを解くには、スメルディングがすべての鍵を握っているということです。

これが、シリキの呪いで暴走するエレベーターを止める唯一の方法なのかもしれません(^^”)

僕なりに思ったのは、あの倉庫にある神像の力によって、シリキの呪いを相殺させるのかなぁ~なんて思いました。

・・・・いや意外に、もしかするとベアトリスとマンフレッドに芽生えたLOVEパワーが「愛欲の女神」を覚醒させ、シリキの呪いを解いてくれるのかも(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

シー・みやげ-2

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと16日!!

8月14日にシーへ行ったときに、お土産を買ってきました。やはり、5周年っぽいお土産で、それでお手ごろなお値段のお菓子をセレクトしてきました(^^”)

Photo_20  

 

 

 

まさに、5周年のシーへ行ってきました感むき出しのお土産ですよね(笑)値段は、500円。ん~お手ごろ(T_T)この袋の中にはクッキーが入っています。

Photo_21  

 

 

 

そこそこ、小さいクッキーが入っています。味は、まぁ普通のクッキーでした(^^)クッキーにはさまざまなキャラクターが描かれています。

そんで、このお土産のお得なところ・・・・この袋を縛っているものが、ちょっとしたキンホルダーぽくなっているところでしょうか?

Photo_22  

 

 

 

5周年のコスチュームのミッキーです。携帯につけてもいいし、鞄につけてもいいかも。なかなか、よくできたお土産でした(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

シー・フード-2

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと16日!!

久々に登場ですね(^^)8月14日に行ったときに、休憩中にいただいた軽食をご紹介。アトラクションに並び疲れたら、軽く休憩なんていいですよ(^^)

僕が思うに、ランドは「遊ぶところ」で、シーは「ゆっくりすることろ」な気がするんです。何度も行っていて、そう感じてきました。シーでランドのように遊ぶ目的で行くと「つまらないところ」になるかもしれません(T_T)

シーのショー&アトラクションで並ぶ時間の目安は、人気があるものは頑張って1時間くらい。他も30分くらいだと思います。(「タワーオブテラー」は例外ですが・・)これでも、並ぶ時間がもったいないです。さっさと、ファストパスを手に入れて休憩しましょう。そして、お話したり、ゆっくり景色を眺めることをお勧めします(^^)これが、シーを最大限に楽しむ方法ではないかと思いますよ!!

では話を戻して・・・・

Kc272161  

 

 

 

 

休憩した場所は、ロストリバーデルタの「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」です。そこで、僕は「フラン」(300円)というメキシコのプリンと、ホットコーヒー(189円)を頼みました(^^)合計金額489円。

Food1 Food2  

 

 

僕が頼んだのが、左の写真です。ちなみに、右の写真は友達ので、「バナナチミチャンガ」(350円)というチョコとバナナを硬めのクレープのような生地で包んであるデザートです(^^)先に、友達の「バナナチミチャンガ」の感想・・・・・フォークとナイフを使うのですが、生地が硬めで、フォークで切るたびに、生地が割れて飛び散っていました(笑)そのぐらい表面は硬い生地です。けど中央部分は、それなりに柔らかいので簡単に切れます。味は、チョコとバナナの組み合わせがよく、美味しいと言っていました。

そんで、僕が食べた「フラン」の感想・・・・なめらかな舌触りの焼きプリンといった感じで、キャラメルソースもいいです。ただ、普通のプリンより甘めな感じがしました。なので、ホットコーヒーはブラックがおすすめ。この組み合わせは、最高でしたよ(^^)

ちなみに、コーヒーはおいしかったですよ。僕はドトールでバイトしているんで多少は味分かります。ドトールのブレンドコーヒーと変わりなかったですね(^^)

 

Food3 Photo_19  

 

 

ボケーッとしながら、友達と話していました。休憩したところは、このお店の外のテラス。橋の下です。そこから見える船(スチーマライン)や、木々や建物が綺麗です(^^)

 

 

 

 

バシャッ!!

 

何かと思ったら、アヒル君が川から上がってきました。

Food4  

 

 

 

左下に写っております(笑)ちょっと驚きながらも観察。すると、こちらへどんどん接近。エサをおねだりしているようです(--”)

Food5

 

 

 

 

しょうがないんで、友達の飛び散らかした「バナナチミチャンガ」あげときました(笑)まぁ、ちょっとだけなのでお許しを~(--)

こんな感じで、ちょっとしたサプライズのあった休憩でした(^^)

こういう風に、延々並んでるより楽しい時間を過ごせると思いますよ~♪ぜひお試しください(^^)

 

 

せっかくなので、ドトールコーヒーの使用されているコーヒー豆についてお話しようと思います(^^)

お店で出されているブレンドコーヒー・アメリカンコーヒーは、コーヒー豆「マイルドブレンド」を使用しています。

・マイルドブレンド
ブラジル・コロンビアがベースの中深焙煎です。甘味・苦味・酸味のバランスがとれているコーヒーなのです(^^)

他にも、「ロイヤルクリスタルブレンド」「ゴールデンモカブレンド」もおすすめです。

・ロイヤルクリスタルブレンド
キューバ・ブラジルがベースの中深焙煎です。酸味が少なく、甘味とコクが特徴。ミルクや砂糖を入れてもおいしいです。

・ゴールデンモカブレンド
モカ・コロンビアがベースの中焙煎です。柔らかな酸味と苦味が特徴ですね(^^)

なんかドトールの宣伝ぽくなってしまいましたが(^^”)、コーヒー豆にはさまざまな種類があって、味もさまざま。用途によって豆を使い分けるほどです。

まぁ、そのぐらいコーヒーは奥が深いのです!!シーにコーヒー専門店が出来たらいいですよね(^^)もしできたら毎回通ってしまいそうです!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

タワーオブテラー-79

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと16日!!

Q2:誰がこのホテルを建てたのか?

:大富豪家「ハリソン・ハイタワー三世」です。設計したのは「オスカー・キルノフスキー」ですが、実際はハイタワー三世が設計を仕切っていたそうです(--”)

(「Disney FAN 9月号増刊」より参照」)

では本題へ・・・・

今日のお題は、タワーオブテラー前にできた、時計台です(^^)

71  

 

 

 

 

このデザインもGOODですよね。ホテルハイタワーのロゴも入っています。

72  

 

 

 

夜になると、時計盤が光だし、ちょっとお洒落な夜のアメリカンウォーターフロントを彩ります。

にしても、この時計台も、看板同様に何か仕掛けがほどこされていたりしないんですかね??たまに、緑色に光ったりとか(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

シーを彩る「草・木・花」-11

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと17日!!

今月1日に取材してきました、ケープコッドにある野菜畑のその後をご紹介します(^^)

1_24  

 

 

 

このガイドブック「flower & tree」を、ここケープコッドにある「アーント・ペグズ・ヴィレッジストア」で入手しました(^^)このお店横にある野菜畑を再取材。前は、7月14日に撮って来ました。半月が経ちどうなったでしょうか??

Photo_18

 

 

 

21_1 22_1  

 

 

 

「ヤーコン」の左隣は、おそらく「とうもろこし」でしょうね(^^)まだ、実が小さいです。

31_1 32_1  

 

 

 

 

「ピーマン」は、収穫時期を迎えていますね(^^)

41_1 42_1  

 

 

 

 

「なす」は、もう収穫時期を過ぎて、熟れ過ぎてしまった感じ(^^”)白く巨大な茄子に変貌していました・・・もしかして、こういう品種なのでしょうか?

5_7 6_3  

 

 

 

 

前回は、緑色のトマトでしたが、ようやく赤みを帯びて、収穫できる状態になりましたね(^^)おいしそうだ♪

71_1 72_1  

 

 

 

「シカクマメ」は、まだこれからな感じでした。

以上、野菜畑でした。これで、野菜たっぷりの夏カレーとか作って、夜の「ケープコッド・ステップアウト」のときに、無料で配ってくれないでしょうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-78

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと17日!!

本題に入る前に「Disney FAN 9月号増刊」から「タワーオブテラー」の「13の謎」から毎日1つずつご紹介しますね(^^)まだ「タワーオブテラー」を良く知らない方のために。

Q1:このホテルはいつどこに建てられたのか?

:1892年ニューヨーク市に建てられました。

では本題へ・・・・・・

今回は、ちょっと夜のライトアップ写真をお休みして、昼間に撮ってきた看板を紹介しますね(^^)

Tot11 Tot12 Tot13  

 

 

 

これは、「タワーオブテラー-67」の記事でご紹介した、キューライン(並ぶところ)に立っていた3つの看板の裏側を撮影したものです。なんと、看板の裏に、こんな新聞の切り抜きが展示されているんです(@@)驚きでした。

いろいろ、ハイタワー三世の世界各国で撮った写真やアフリカ・コンゴ川流域に住むムトゥンドゥ族との写真とかありました。記事はすべて英語・・・・・無理です。がんばって辞書使わないと(--”)

今度シーへ行かれる方は、英語に詳しい友達か、または、外人を連れて行って、和訳してもらってください(^^”)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

タワーオブテラー-77

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと18日!!

昨日のオーディオドラマ「TOWER of TERROR」はとても興味深い内容でした。

アフリカ研究所の藤堂(とうどう)さんが冴子に、写真に写っている呪われた偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」についてお話してくれました。

要点を箇条書きにしますね(^^)

・偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」は、アフリカ・コンゴ川流域で最も恐れられている部族「ムトゥンドゥ族」の守り神である。

・どうしてこの偶像には、金属片や釘が打ち付けられているのか?それは、部族の魔術師が魔力を引き出すために打ち付けたのだと考えられている。

・この偶像は、とても恐ろしい力があり、邪悪な残酷さを持っている。

・この偶像には、古代のいたずら好きなシャーマンが憑依している。

・この偶像のお腹の上にある頭蓋骨の中には秘密の空間があり、200年以上前に生きていたシャーマン「シリキ」の遺骨が納められている。

・この偶像は、なによりも崇拝を求める。崇拝をすれば村は繁栄し、おろそかにすれば村は滅びる。

今回の大きな情報は、偶像「シリキ・ウトゥンドゥ」とは200年前に生きていたシャーマン「シリキ」が憑依しているということですね(--)そして、この偶像には、とてつもない怨念にも似たものが込められているようです。

さらに今日は、「偶像の掟(おきて)」について話が続きます。今日も、聞き逃せませんね(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-76

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと18日!!

Kc271509  

 

 

 

「Disney FAN 9月号増刊」を買いました。シー5周年のさまざまな特集が組まれていて読み応え十分です。さらに、ランドもイベント・アトラクション・フード・グッズに渡り、情報量がてんこ盛りです(笑)まだ、シーやランドに行ったことのない方は、是非この増刊号で予習してから行くことをお勧めします(^^)

そんで、今回は、この増刊号にて載っていた「タワーオブテラー」情報をご紹介しますね(^^)

・新ショップ「タワー・オブ・テラー・メモラビリア」は、アトラクション「タワー・オブ・テラー」の1階に造られ、ツアー途中に撮られた写真や「タワー・オブ・テラー」グッズを販売します。

・2006年9月4日OPEN「タワー・オブ・テラー」に伴い、この日に来園された方に、1人1個「タワー・オブ・テラー」のオリジナル・オーナメントタグをもれなくプレゼントします。

・8月31日(木)発売の「週刊モーニング(講談社)」において、「タワー・オブ・テラー」の物語の一部が読み切り漫画として掲載されます。

・公式サイトにて「タワー・オブ・テラー」サイトが公開中。このホテルの謎を解く手がかりがあります。

・9月まで東京FM(80.00)と東京ディズニーシーのスペシャルコラボレーション「オーディオドラマ「TOWER of TERROR」」が放送中です。(毎週月曜から木曜の20:55から21:00)また、インターネットでもポットキャスティングでお聞きになれます

以上です。重複部分もありますが、一応書きました。僕として楽しみなのは、漫画でしょうか(笑)絶対に買いますよ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チップとデールのクールサービス

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと18日!!

8月14日の暑い暑い晴天の日。メディテレーニアンハーバーでは、夏休み限定(7月20日から8月31日まで)のウォータープログラム・・・

チップとデールのクールサービス

がやっていました!!

Kc271409  

 

 

 

こんな青空の下、びしょ濡れになるには最高の日でした(^^)とにかく、ハイテンションなお兄さんとチーデーに笑ってしまいました(笑)ゲストのみなさんも、テンション高くて、挙って近くに行って濡れまくっていました!

Kc271410  

 

 

船から、放水しています(^^)なんか、もうハシャぎたくなりますよね(笑)しかし、人が多すぎて近づくことができませんでした(T_T)

詳しくは、ここをクリック。みなさん、夏休みにシーへ行くのでしたら、この放水に飛び込んでくださいね!!(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-75

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと18日!!

今日は、看板に浮かぶ文字をご紹介(^^)

Kc271483 Kc271484 Kc271485  

 

 

Kc271460 Kc271461

 

 

すばらしく不気味ですね~(ToT)けど、改めて日本にも「タワーオブテラー」ができるんだと再確認してしまいました!なんだか、楽しみでしょうがないです(^^)

この看板の文字については「Sorcerer's Hat」さんのほうが100倍画質がよく、詳しく説明されているのでご覧になってください(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-74

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと18日!!

今日のタワーオブテラーのお題は、夕方ごろの街灯が灯った「タワーオブテラー」の写真をご紹介。

61_1 62_1  

 

 

 

 

 

この8月1日付けの写真では、まだライトアップされていませんでした。けど、この写真もなかなかいいと思って載せました(^^)廃墟のような不気味な感じがより出ています!!

63_2 64_1 65

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

Duffy×ダッフィー

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと19日!!

新カテゴリー「シー・グリーティング」追加に伴い、「ケープコッド・ステップアウト-2」でご紹介した、ダッフィーのグリーティングを、移動させました(^^)

Kc270983

 

 

 

 

ランドが「プーさん」なら、シーは「ダッフィー」です。その「ダッフィー」に会える「ケープコッド」。たまたま、行ったときに遭遇しました(^^)そんで、カメラ向けたら、なんとこっち向いてくれたんです。いやぁ、ビックリしました(笑)

あと、キャストさんに一言。「並ばないで勝手にダッフィー撮ってしまい、すみませんでした(ToT)もう、これからは絶対にしません(--”)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-73

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと19日!!

今日は、(8月14日付け)近くから撮った夜の「タワーオブテラー」。画質が悪いのはお許しください。携帯カメラの限界なので(--”)

Kc271472  

 

 

明度を最大にして撮りました。手前のゲストたちの姿が確認できると思います。みなさん、ライトアップされた、タワーオブテラーを撮っていました。

この携帯カメラの夜の撮影では、明度は最低にしないとうまく撮れないので、最低で撮影しています。なので実際は、もっと明るめにライトアップされていますからね(^^)

Kc271476  

 

 

明度を最低にして撮りました。より不気味ですよね(--”)そして、建物入り口部分に光る緑色の閃光。これは、前にご紹介したアレです(笑)

Kc271478 Kc271479  

 

 

さらに近づくとよくわかりますね。あの看板が、「TOWER of TERROR」という文字を緑色に浮かび上がらせていました。しかし、単純に文字が浮かぶだけではなく、色が緑色から白色になったり、雷のような緑の稲光が全体に走る演出があったりと、変化する凝った看板でしたよ(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

シー5周年のデコレーション-7

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと19日!!

今回の5周年のデコレーションは、ミステリアスアイランドにできた、5周年のモニュメント(スタチューと言います)です(^^)

1_23

 

 

 

 

前回は、ポートディスカバリーのグーフィーでしたが、ここは、なんか硬直したような姿(笑)をしたプルートです!ここから撮れば、バックに地底を掘り進める削岩機と、プロメテウス火山が写って、いいアングルの写真が撮れますよ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-72

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと19日!!

これも、またやってきました(^^)グーフィーのような長身を活かした、工事中の中を覗き見(・・)

51_1  

 

 

 

この写真は、お昼ごろ撮影。「タワー・オブ・テラー・メモラビリア」の扉が開いていますが中の様子は暗くてよく分かりませんね。あと、キャストの方でしょうか?植木の部分で、何かやってます??

52_1  

 

 

 

そして、今度は夕方ごろ撮影。メモラビリアの中から明かりが漏れ、陳列棚のようなのが見えますね。けど商品はまだ置かれていませんね。あと、まだ植木部分で何かしています。なんか細工しいるんですかね??

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

今週の「夢の通り道」-19

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと20!!

今回の「夢の通り道」は、メディテレーニアン・ハーバーにある「フォートレス・エクスプロレーション」中にある「エクスプローラーズ・ホール」の大航海時代に活躍した肖像画の一人「チコ・ブラーエ(1546-1601)」のお話でした。

スウェーデン・ヴェン島。人口300人の島です。何もない広大な畑が広がり、そこを馬車で移動していました。北海道の大地のような、壮大な大地が広がっていました(^^)

そこに、天文学者チコ・ブラーエの「チコ・ブラーエの天文台跡」があります。チコは肉眼で星を観察していたそうな。1000個以上肉眼で見つけたそうですよ。視力いいですね(--”)チコの直立した石像があり、頭は空を向き眼球を見開いて空を眺めています。確かに、ちょっと怖い顔しているかも・・チコが亡くなって7年後にようやく望遠鏡が発明されました。なので、肉眼でしか星を観察できなかったんですね。当時は。

「チコ・ブラーエ博物館」もあります。そこにはチコが使用した観測器機が展示されていました。地動説の証拠にも使われたとか。まさに、近代天文学の父ですね(^^)

ちなみに、僕は大学では天文部に入っていました。星が好きなんです(笑)変にロマンチストとか思われるかもしれませんが、単純にボ~ッと眺めているだけで、頭の中の雑念から解放される感じが好きなんです。それに綺麗だし。おすすめの星は、「アルビレオ」です!この星は、赤の星青の星が二つ寄り添って光っています!望遠鏡で見ると本当に宝石のように綺麗ですよ(^^)

あと、CMが「レジェンド・オブ・ミシカ」に変わりました。このCMもなかなか壮大なショーを感じさせるうまいCMでした。「タワー・オブ・テラー」のCMが、待ち遠しいです(TOT)まだかなぁ~・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シー日記」レポ-8

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと20!!

昨日(8月14日)は、友達と一緒にディズニーシーへ行ってきました(^^)まぁ、夏休み&晴天&お盆という、激混み条件をすべて満たした、ある意味無謀な日に行ってきました(笑)けど、もっと大問題が発生しましたよね(^^”)

関東一帯で停電が発生!!当然、東京ディズニーリゾートも一時停電したそうです!!しかし僕は、単なる落雷?による停電だろうと安易に思っていましたが・・・・大変な事態でしたね(--”)

9:00ごろ舞浜に到着しました。それにしても、人人人・・・・家族連れが多く、ランドではチケットを購入するために長い列を造っていました(^^”)その尋常じゃない光景を見て、とても焦りました。シーも、激混みなんじゃないかって・・・・甘く見ていましたね。自分(ToT)

Kc271401  

 

 

 

 

リゾートラインに乗りました。するとアナウンスで「先ほどの停電で1時間半ほど、運休していました」みたいなことを放送していました。そして、シーの入園口に近づいたときに、唖然としました。やはり、長蛇の列がズラ~ッとありました。

慌てて、並びました。

Kc271404 Kc271405  

 

 

 

 

 

にしても、この日は、これ以上にないほど晴天でした(^^)入道雲が、なんか夏っぽくて最高でした!!しかし、暑い(ToT)直射日光がジリジリと照らし、立っているだけで汗が出てフラフラになりました。ただ、1日パスポートを購入するだけで1時間ほど並びました(ToT)そういや、ヘリコプターが何度か通りました。今思えば、メディアが停電報道のために飛ばしたんでしょうね。

結局、シー園内に入ったのが、10:20ごろ。ものすごい人人で、こりゃ余裕でアトラクション2時間待ちとか発生しそうな感じだったので、どうやってうまいこと回るか悩みました。しかし、ディズニーシー専門ブログの管理人として意地でも、この悪条件の中、友達を楽しませようと闘志を燃やしました(笑)

こんな感じで回りました・・・・

10:30

まず、「レイジングスピリッツ」のファストパスが午前中に終わる可能性を考えて、さっそく「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」を使って向かおうと思いました。しかし、停電によるシステム調整で運休。

しかたなく、歩いて向かいました。途中、「センター・オブ・ジ・アース」「海底2万マイル」も停電によるシステム調整で動いていないことを知りました。キャストさんの焦り顔が、リアルに、大混乱を物語っていました。そして、ファストパス発券所へ到着。取ることはできたんですが、なんと使用時間が17:15~18:15でした。先に取っておいて正解でした。そんで、次のファストパスが取れるのが13:22なので、その間を利用して、中型アトラクションに乗ろうと思い「シンドバッドセブンヴォヤッジ」へ向かいました。しかしシステム調整(--”)急遽変更して、「アクアトピア」へ向かいました。

11:00

ポートディスカバリーに到着すると、「ストームライダー」もシステム調整をしていました。なんか、今日来た家族連れが気の毒です(--”)とりあえず、「アクアトピア」に並びました。「びしょ濡れコース」が50分待ち。「スタンダードコース」が35分待ち。なんか、普段じゃありえない待ち時間に驚きました。びしょ濡れが良かったのですが、時間を有効に使うべく、スタンダードへ。久々に、乗って楽しかったです(^^)

12:00

早めに昼飯にしました。並び疲れたのもありますが・・。昼は、すでに決めていました。ケープコッドの「ケープコッドクックオフ」の鱈のハンバーガーです。シロクマさんの言うとおり・・おいしかった(ToT)もう、これからは必ず行きたいところですね(^^)昼食中、突如大雨。なんか、天気にも見放されたような気がしましたが、すぐに止みました(--”)

12:30

せっかくケープコッドへきたので、シーを1周する「ディズニーシー・スチーマーライン」へ行ってみると・・・・悪天候により運行中止。・・・もう止んでいたのに(ToT)予定変更で、マーメイドラグーンに行ってみました。ブラブラと散歩。「マーメイドラグーンシアター」が50分待ちでした。外にある、中型アトラクション「フランダーのフライングフィッシュコースター」へ。20分待ちでした。このアトラクション。お子様向けジェットコースターのように見えますが、結構面白かったです。

13:30

もう次のファストパスが取れる時間でした。インディかセンターで悩みましたが、僕としてはインディが良いかと思って(システム調整で乗れないことも考えて)、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」のファストパスを取りに向かいました。すると、ファストパスに長蛇の列(^^”)もう、ランドにいるような気分でした(TOT)並んで、ファストパス発券所へ。すると、スタンバイで150分待ちでした!!あまりに、驚きの待ち時間だったので写真を撮ってしまいました(笑)ファストパスを手に入れました(使用時間は19:50~20:50)。次のファストパス取得時間は15:46でした。

Kc271425  

 

 

14:00からの「ミスティックリズム」を見に行こうと向かいましたが、まさかのシステム調整(ToT)・・・・・・また休憩することにしました。

14:00

とりあえず、涼める場所で再び休憩しようと思い、アメリカンウォーターフロントへ向かいました。エレクトリックレールウェイが動いていたので、乗っていこうと思ったのですが、50分待ちに幻滅し、歩きました(笑)S.S.コロンビア号前で売られているフルーツカットやドリンクを買って、「タワー・オブ・テラー」前で、建物を望みながら休憩しました。それで、14:30からの「レジェンド・オブ・ミシカ」の時間が迫ったので、見に行きました。再び青空になった空のもとで行われたミシカは、システム調整でイラついているゲストの不満を取り除くかのような、すばらしい完全版でした(^^)

15:00

今度は、とりあえずアラビアンコーストへ、徒歩で向かいました。16:00の「ミスティックリズム」を見るためでもありました。途中、「センター・オブ・ジ・アース」「レイジングスピリッツ」が150分待ち表示で、再びビックリ。アラビアンコースト到着。「マジックランプシアター」は120分待ちでした。徒歩での移動と猛暑で、フラフラ。とりあえず水分補給して、ようやく稼動していた「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」に乗りに行きました。なんと20分待ち。並ぶ喜びを感じてしまいました(^^)「普段、ほとんどゲスト並んでいないから、今日はキャストさん嬉しいだろうなぁ・・・」なんて思いながら。10分の船旅を堪能。そして16:00の「ミスティックリズム」へ。

15:30

しかし、到着したときには、遅かったのです。ちょうど着いたときに、ラインカット(許容定員(立ち見含め)に達したためご案内終了)されました(ToT)ここまで歩いたのに・・・・途方に暮れましたが、とりあえず15:46を過ぎていたので、再びアラビアンコーストへ戻り「マジックランプシアター」のファストパスを手に入れました。そんで、とりあえず再び休憩することにしました(笑)このままじゃろくに行きたいところへ行けず終わってしまいそうだったので、休憩中に計画を立て直そうと思ったのです。

16:00

ロストリバーデルタの「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」で、軽食。プリンとコーヒーをいただきました(^^)そこで、計画したのは、やはり「ミスティックリズム」と「ビッグバンドビート」は絶対に見てほしかったので、しょうがなく「マジックランプシアター」はカットしました。45分ほど、まったりと休憩し、17:30の最終回「ミスティックリズム」へ並びに向かいました。

16:45

今度は、余裕で入ることができ、45分待って「ミスティックリズム」を堪能。そして、ファストパスを使って「レイジングスピリッツ」に。1回転してきました(^^)友達は、このアトラクション気に入ってくれた感じでした。

18:15

再び、遠くアメリカンウォーターフロントへ。本日最終回19:15の「ビッグバンドビート」を見に向かいました。徒歩で(TOT)余裕を持って到着したので、入ることができました。大盛り上がりの「ビッグバンドビート」手拍子して、楽しみました(^^)

19:45

ここで、友達に2択をしてもらいました。「ブラヴィッシーモ」見てインディ行って夕飯。または、インディ行って、ゆっくり夕飯。友達は、後者を選択。けど、この思い切った選択は正しかったです。エレクトリックレールウェイへ向かうと5分待ち(^^)すぐに乗って、インディへ向かいました。夜のジャングルの中を歩いてインディ到着。エントランスは100分待ちでした(ToT)ファストパスを使って、すぐに乗り場へ。魔宮探検でクリスタルスカルを怒らせてしまいました(^^”)乗車後、友達は、ライド中の写真購入!!なんか楽しそうで良かった(^^)

20:30

夕飯は、ロストリバーデルタの「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」へ。このとき、20:40の「ディズニー・マジック・イン・ザ・スカイ(花火)」に遭遇。綺麗でした(^^)そして、スペシャルセットとボトルビールで乾杯しました(笑)今日は、歩き回った分、ビールがうまい(^^)食事が終わり、もしかすると家族連れが帰って空いてきているのではないかという読みで、「センター・オブ・ジ・アース」に向かいました。30分待ちなら乗ろうかなって感じで。

21:00

しかし、その読みは甘かったのです。90分待ち(--”)夏休みお盆パワー炸裂でしたね(笑)友達が、お土産を見たいということで、メディテレーニアンハーバーでお土産タイム。僕は、ライトアップされた「タワー・オブ・テラー」を撮りに行きました。

22:00

僕もお土産買って、閉演時間ぎりぎりで退園しました(^^)

当初は、どうなるかとヒヤヒヤしましたが、アトラクション6個・ショー3個。どうにか楽しくシーを遊びつくせました(^^)友達も、それなりに楽しんでくれたみたいでした(^^)そんで、今日思ったこと・・・・・シーは歩きまくるので、子供は大変ですよね。もっと移動手段が充実していればいいのですが(--”)あと、シーへ行く前に事前に計画を立てて行った方が良いです。ある子供が「もっとアトラクション乗りたかった」って残念そうに言っていたのが聞こえました。やはり、ファストパス程度は知っておいてほしいし、人気のショー&アトラクションもチェックしておいてほしいです。

今回は、気合入れて記事書いてしまいました(--”)もし、ここまで読んでくれた方いましたら、どうもありごとうございます~(--)激混みのときにシーへ行かれる方の参考になったら嬉しいです!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-71

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと20!!

8月14日にシーへ行ったときに、「タワーオブテラー」がライトアップされていたので、いろんな角度から撮ってきました(^^)ただ、画質が最悪なのはお許しください。この携帯カメラの限界なので。

Kc271457  

 

 

夕方。いつもとは、様子の違うタワーオブテラーに驚きました。どんどん青紫色に染まっていきました。

Kc271458 Kc271462 Kc271465 

 

 

 

夜、とうとう僕の待ちに待ったライトアップされた「タワーオブテラー」が出現したのです!!後方の建物が青紫色に不気味に染まり、前方の建物は白色灯でライトアップされていて、ステンドガラスにも明かりが灯りノスタルジックな雰囲気を出していました。

僕の予想していたのに、かなり近かったので感動しました(ToT)本当に、不気味なんですが、本当にきれいな建物なんです。これから、シーへ行かれる方は、見られると思うんで、生でライトアップされた不気味な「タワーオブテラー」をご覧になってください(^^)

ちなみに、この夜の写真は、いろんな角度から撮ってきたので、明日からどんどんご紹介していきますね(^^)

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-70

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと20!!

またまた、「タワーオブテラー」サイト更新(8月14日付け)されていましたね(^^)

更新された内容は・・・・・

・「人物相関図」にて、エンディコット三世の顔写真
・「ニューヨーク・グローブ通信」1912年8月14日発行
・「ストラングの取材メモ」にて、スメルディングの人物像について

今回興味深かったのは、エンディコット三世の人物像でしょうか?この人は、努力家だったようですね。そして、小さいころから、ハイタワー三世とは犬猿の仲だったようですね。

ちなみに、「ニューヨーク・グローブ通信」の記事に載っている写真。エンディコット三世が創った会社「U.S.スチームシップカンパニー」は、「タワーオブテラー」正面の右横に実際に存在します。8月14日にシーへ行ったときに、柵が外されていたので、撮ってきました(^^)

Kc271426

 

 

この中で、何かやっていましたが、よく見てきませんでした(ToT)今度見てきますね。おそらく、会社の中の様子を見学できるのではないかと思います。

あと、「ストラングの取材メモ」で、やはりスメルディングとアーチーは同一人物ではないかと、確信してきました(--)

少しずつ、真相に近づいてきましたね。今度の更新は、おそらく今週中にあると思います。そこで更新されるムービー第2弾に期待です!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-69

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと20!!

またまたやってみますね。タワーオブテラーを遠くから見てみようって企画(^^)

42  

 

 

 

この写真は、メディテレーニアンハーバーからアメリカンウォーターフロントへ続く緩やかな坂道。目の前に、大きな建物「ホテルハイタワー」がそびえたっています。僕は、早く間近で見たくなって小走りになってしまうんです(^^”)

41 

 

 

 

次の写真。これは、ディズニーシー・スチーマーラインのメディテレーニアンハーバーの船着場から撮った「タワーオブテラー」。ひとつ突き抜けてそびえ立っているのがよく分かりますね

43  

 

 

 

最後の写真。これは、ポートディスカバリーから見た「タワーオブテラー」。こんなに遠く離れたエリアからも見えてしまうのがすごいですね(--”)本当は、他のエリアから見えてはいけないんですけどね。テーマ性が失われてしまうから。でも、タワーオブテラーは許しましょう。でかすぎるんですから、隠しようがないです(^^”)

| | コメント (25) | トラックバック (0)

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮-6

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと20!!

今日は、インディの魅力をお話しようかと(^^)

昨日お話したセンターと似ていますが、みなさんの冒険心や探検心を刺激するんでしょう!インディも。

RPGの疑似体験ができるとも取れるし、幼少のころ冒険や探検した思い出が蘇ってくることもあると思います。そうすることで、ワクワクしてくると思いますよ(^^)このアトラクションも。

ロストリバーデルタ。このエリアは、1930年代の中央アメリカのカリブ海沿岸が舞台となっています。ある日、このジャングルに覆われた地を巨大なハリケーンが襲い、「ロストリバー」と呼ばれる大河が出現したのです。

2_27  

 

 

 

 

このエリアに、ゲストが足を踏み入れると、生い茂ったジャングルに迷い込みます。探険家になったかのように、ジャングルを歩き回るのです。

1_22  

 

 

 

足元には、見たことのないようなジャングルに自生する熱帯植物が生い茂り、また大河の源流とも思われる川が流れています。そして、耳を澄ますとジャングルに住む野鳥や野生の動物の鳴き声が響き渡ります。夜のジャングルは、さらにスリリングですよ(^^)

3_24  

 

 

 

 

歩きさまようと、突如目の前に、巨大な古代遺跡が出現します。ここが、「クリスタルスカルの魔宮」への入口なのです。

ゲストは、オフロートカーへ乗り込み、「若さの泉」を求め大冒険へ繰り出します!

にしても、僕はいまだに「若さの泉」を見つけることが出来ません(ToT)いっつも、頭をキョロキョロさせながらも、必死に探しているんですが分かりません。一体どこにあるんでしょうか??

また、「若さの泉」を見つけに危険と分かっていても「クリスタルスカルの魔宮」へ足を踏み入れてしまいそうです(^^”)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

センター・オブ・ジ・アース-5

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと21!!

今日と明日で「センター・オブ・ジ・アース(略称:センター)」と「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー(略称:インディ)」の魅力について、あらためて僕なりの視点でお話したいと思います(^^)今日は、センターを。

シーの7つのテーマポートの中でも、一番荒々しさを感じさせ地球の謎に迫るエリアとも言える・・ミステリアスアイランド。ここに、地底探検(センター)への入口があります。

1_20  

 

 

 

 

これは、ミステリアスアイランドのカルデラから見上げた写真です。手前に写る潜水艇は、ネモ船長が発明した「潜水艦『ノーチラス号』」。これは、海水に含まれる塩化ナトリウムを利用して自家発電するすぐれものです。そして、上を見上げると、プロメテウス火山が荒々しくそびえたっています。その火山から流れ出したマグマが海水へと流れ出し、激しく蒸気が立ち込めている様子がわかりますね。まさに、地球の鼓動を感じさせるエリア。

ちなみに、このエリアは1870年代の南太平洋に浮かぶ火山島が舞台になっているんですよ(^^)

・・・・・まぁ、余談はここまでにして(--”)このアトラクションって、とても冒険心をかき立てられますよね(^^)ネモ船長が何者か分からなくても、何だかワクワクするような気分。おそらく、みなさんの記憶の中にある「冒険した思い出」が、気持ちを高揚させるのかもしれません。

たとえば、ゲームのロールプレイングゲーム(略称:RPG)。「ファイナル・ファンタジー」「ドラゴンクエスト」「聖剣伝説」「ロマンシング・サガ」とかありますよね。ちなみに、僕は「サガ」ファンです(笑)これらRPGの世界を体験した人なら、このセンターは、魅力的なアトラクションでしょう!まさに、自分がRPGの主人公となり、火山島に上陸し地底探検しているような感覚が味わえます。地底探検(センター)では、最後に見たこともないような地底の巨大化け物に遭遇します。よく考えたら、このアトラクションは、大ボス級のモンスターに遭遇しますよね(^^”)

また、子供心に大冒険をした思い出さえあれば、楽しめると思うんです。行ったことのない遠くの街へ友達と自転車で行ったり・・・・森へカブトムシを採りにいったり・・・あのワクワクした記憶が、このアトラクションで蘇ってくると思いますよ(^^)

2_26 3_23  

 

 

 

 

 

次にこの写真は、前回7月14日に行ったときに工事していた、地底を掘り進めるためにネモ船長が発明した「削岩機」で、地底深くまで掘り進める機械です。これも、排気ガスが出ない新エネルギー(ネモニウム?)を用いているんだそうですよ(^^)にしても、半月で工事終わったようですが、どこらへんが変わったんでしょうか?・・・・ん~塗装しなおしたのかな?

なんか、話が脱線しまくりましたが(笑)僕が言いたいのは、センターのバッググラウンドストーリーを知らずとも、みなさんの奥底にある幼少のころの冒険した記憶さえあれば、楽しめるアトラクションなのです!!でも、ストーリーを知っていればより楽しめますけどね(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

空を舞うカイト-2

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと22!!

これは、前回やった、S.S.コロンビア号の船上で、船員が大空にカイトを飛ばしているっていう別バージョンです(^^)

51  

 

 

 

この写真は、あのS.S.コロンビア号すぐ横にある大海原を見渡せる見晴台のところです。今度は、遠くからでも飛ばしているのが分かりますよね。

52  

 

 

 

でも、さらに接近(笑)こんなところでもやっていたりするんで、5周年のシーへ行かれる方は、ちょっと立ち寄ってみてくださいね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-68

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと22!!

これは、「ニューヨーク・グローブ通信社」。「タワーオブテラー」サイトにて、新たに記事を書いてくれる人を募集していますよって話だったので、前回も昼間あたり行ったのですが、閉まったまま(ToT)

31 32 

 

 

 

 

それで、今度は夕方に訪れてみました。・・・・が、また閉まったままでした(ToT)やはり、単純に何もないんでしょうか?ディズニーなら、ちょっとしたサプライズがありそうな気がしたんですが・・・・。ちょっと、残念な気持ちも込めて、セピア色で撮りました(笑)にしても、アメリカンウォーターフロントは、どこを撮ってもセピア色が似合いますね(^^)

もしかすると憶測ですが「タワーオブテラー」OPEN後か試乗のときに、この新聞社は開いたりするのかもしれませんね(^^)それで、「タワーオブテラー」に乗ったゲストに感想を記事として書いてもらって、それをまとめてひとつの新聞みたいにして、チップ&デールが、号外としていたるところで配ったりする・・・・・そんなことをしてくれたら楽しそうですね(^^)

| | コメント (5)

2006年8月12日 (土)

グリーティング of ミニー

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと23!!

これも、8月1日のときのグリーティング(キャラの集い)。ですが、この日のミニーは一人単独行動をしていました。何でなのでしょうか??

・・・・まぁ、たまには一人になりたいときもありますよね(^^“)ってことで、ミニーだけご紹介します。

2_24  

 

 

 

 

ケープコッドに出現。このとき、タワーオブテラー前でもグリーティングがあったのですが、ミニーはいなかったんです。一人だけケープコッドでグリーティングしていました。どうも、人間関係がギクシャクしている感じがします。「オーバー・ザ・ウェイブ」が始まる前に消えていきました。

1_18 

 

 

 

 

ニューヨーク水道局にも出現。このときは、「マリー」などの仲間たちと現れました。やはり、メインメンバーと距離を置きたいのでしょうか??このとき、この日一番うまく写真が撮れました。セピア色がこんなにも合うとは思いませんでした(^^)「ビッグバンドビート」開始寸前で消えていきました。

 

 

この日は、ミニーの身に何があったんでしょうかね(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-67

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと23!!

今日は、タワーオブテラー前のキューライン(並ぶところ)のところに並ぶ看板をご紹介します(^^)

21 22 23  

 

 

 

 

 

こんな感じで、3つ並んでいました。何が書いてあるかは、英和辞典で調べないと分からないですね・・・・・今度調べてみます(笑)もうひとつ注目なのが、看板したあたりにあるツル。このツルが、柱に絡みつくようにするんでしょう。そうすれば、もっと年代を感じさせる古く荒れ果てた雰囲気が出てくるでしょうね(^^)

24  

 

 

 

中をのぞいたとき、こんな垂れ幕を発見しました。意味は「どんな恐怖が待っているのだろう?」ってとこでしょうか??むしろ、こっちが聞きたいです(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

タワーオブテラー-66

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと24!!

今週の東京FM(80.00)のオーディオドラマ「TOWER of TERROR」は、マンフレッド・ストラングが語り手。

1899年に起きたハイタワー三世の失踪について、言及していました。一体彼は、どこへ消えてしまったのか??そして、彼の執事・スメルディリングはどこへ行ってしまったのか??なぞの男アーチーとの関連性は??・・・・何なんスか?このミステリードラマは(笑)

あと、ムービーでもあった葉巻をシリキの頭で消すシーンにも触れていましたね。にしても、スメルディングは、シリキの呪いを信じていたようです・・・・これがアトラクションのシリキの怒りによって制御不能になったエレベーターを静める鍵になるのでは??

ホント楽しませてくれます(^^)来週は、冴子が語り手。冴子は、アフリカ文化研究所で、何を知ることになるんでしょうね??お楽しみに~♪

そういえば、「タワーオブテラー」サイトでの「ムービー第2弾」公開が8月中旬のようなので、要チェックです!!僕は、また外出するので確認できるとすれば15日でしょうか?(ToT)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

グリーティング in アラビアンコースト

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと24!!

これも、8月1日に行ったときに遭遇したグリーティング(キャラのつどい)です。ここは、アラビアンコースト。「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」乗り終わったあと遭遇しました。にしても、ジャスミンはセクシーですね(--)

1_17  

ジャスミンとアブー

 

 

 

2_23

ミニー

 

 

 

3_21

ミッキー

 

 

 

ミッキーとミニーは、完全に後姿です(ToT)まぁ、こんな服装なんだって程度は分かると思います。ホント許してください(笑)遭遇したときには、もう帰っていく間際だったんで(ToT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

グリーティング in 「タワー・オブ・テラー」

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと25!!

これも、8月1日に行ったときに遭遇したグリーティング(キャラの集い)。この日は、よく会いました(笑)やはり5周年は気合入っています。ディズニーキャラも。いつも、ニューヨーク水道局から、ひょっこり現れるんですよね(^^)ここって、一番グリーティング行われているように思われます。ディズニーキャラに会いたい方は、ここに何度か様子を見に行ってみてください。

いつもは、「マリー」と「スクルージおじさん」と「ビアンカ」「バーナード」が出現するんですが、このときは違いました。

3_19  

ミッキー

 

 

 

 

2_21

プルート

 

 

 

 

1_15チップ

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-65

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと25!!

「タワーオブテラー」前のエントランス(入口)付近で、たった半月の間に、ある変化がありました。

11 7月14日付け写真

 

 

 

 

12

8月1日付け写真

 

 

 

お分かりになりましたか??壁に取り付けられている「たいまつ??」のような飾りが、変わっていました。まだOPENもしていないのに、いきなしデザイン変更です。でも、変えてくれてよかったです。前のは、どうも安っぽい感じのデザインだったので(^^“)

このアトラクションのデザインは徹底的に凝ってほしいですよね!!これだけ、豪華で美しい建物なんですから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

レジェンド・オブ・ミシカ-10

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと26!!

8月1日に行ったとき、最初に見に行ったのが、「レジェンド・オブ・ミシカ」でした。今回は前回とは違う場所で鑑賞しようと、フォートレス・エクスプロレーションの見晴台から見ました(^^)

そこで、感じたことをいくつかお話しますね(^^)

・この場所は「ディズニーキャラには接近できないし、小さくてよく見えない」という欠点があるものの「ショー全体が見渡せる」という大きな利点があります。スケールの大きいショーなので、より一層スケールの大きいショーであると実感できると思います。

・ここで見ていて、初めて気がついたのですが、「ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル」でもやっていた、「モーターボートがミッキーの形を描く」ということを、やります!!全体が見渡せるからこそ気がつくことが出来ました。しかし、ほんの一瞬なので、目を凝らしておかないと見逃してしまいますよ(--“)

・さらに、この場所はハーバー中央の噴水によって虹が見えました。結構綺麗でしたよ(^^)太陽が出ていれば、見られると思います。そういう意味でも、いい場所かも。

・ショーが終わり、ミッキーが乗る船?がハーバーを1周して帰っていく出入口付近に、いち早く先回りできました。船の中央の台が下がっても、ミッキーはゲストたちに手を振ってくれていたので、近くでミッキーが撮れる最後のシャッターチャンスでしたよ(^^)

以上です!この日見たミシカでは、再びハプニング(前回は黄色の卵が開かなかった)があって、5連カイトが1つ失敗してすぐに着水してしまいました。なかなか、完全版を拝むことが難しいです(TOT)と同時に、このショーはそれぐらい難易度の高い演目が組み込まれているんでしょうね。見応えがあるのは当然です!

そろそろ、ミシカの内容にも触れていこうと思います(^^)ただ、テレビや雑誌で、このショーがメインで取り上げられているので、今まで後回しにしていました(笑)けど、そろそろ始めますね。

では、ここでお話した「失敗した5連カイトの着水の様子」「ミッキーが近くで見られるところ」「モーターボートによる隠れミッキー」の写真を以下にて、ご紹介します。ショー内容が多少分かってしまうネタばれ含みます。ご了承の上、ご覧ください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_15 2_20 3_18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

クールスポット

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと27!!

ただいま、シー園内「マーメイドラグーン」を除く6つのテーマポート各1つずつ、「クールスポット」と呼ばれる暑い夏を涼しくしてくれるサービスを行っています。僕のお気に入りの「クールスポット」をご紹介しますね(^^)

・アメリカンウォーターフロント

1_14 
 

 

 

 

 

ここの「クールスポット」は、年中無休いつでも涼しくなることが出来ます。というより、びしょ濡れになれます(笑)場所は、あの「タワー・オブ・テラー」前にある「ウォーターフロントパーク」です。噴水です。ここ。だけど、ただの噴水ではなく、ランダムでさまざまな変化をする噴水なのです。これが、小さいお子さんに大人気!!写真を見ていただけると分かりますが、裸の子供たちで、にぎわっています(^^)大人も、ちょっと幼少に帰って遊び心で噴水の中に入ってみては?

・ロストリバーデルタ

2_19 3_17  

 

 

 

 


ここの「クールスポット」は、ちょっと凝っていて好きですね(^^)目印は、この写真の大木。すぐに分かるでしょう。この大木の下にあります。この石像は、あの「インディジョーンズアドベンチャー」でゲストたちを攻撃してくる・・・・あの石像ですよね(^^“)それなので、この石像も、一定間隔で水蒸気を吐き出します。シュワァァァァァァァ~と。ためしに、顔を石像前に置いて、直接水攻撃をくらってみてください(^^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

シーを彩る「草・木・花」-10

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと27日!!

今回の「シーを彩る「草木花」」は、みなさんご存知のフルーツ・・・・「パイナップル」をご紹介しますね(^^)ディズニー公式サイトでも8月の草花でピックアップされています。よかったらご覧になってみては??

てか、パイナップルがあるなんて驚きですよね(@@“)僕もビックリしました!けど、まだフルーツは他にもあるんですよ(^^)少しずつご紹介しますね。

1_13

 

 

 

 

場所は、ロストリバーデルタの「レイジングスピリッツ」付近。捜してみてください。すぐ分かると思います。た~くさんパイナップルができていました。やはりジャングルだからですかね(--)

2_17

 

 

 

 

意外とみなさん、パイナップルってどういうふうに育つか知らない人多いのではないですか?果実を中央に葉が放射状に広がっています。実は、僕も最近までパイナップルの生り方を知りませんでした(笑)あぁ、危ない危ない(--“)

これ、もうすぐ食べごろだと思うのですが、どうするんですかね?売るんでしょうか?料理に使うんでしょうか?・・・・・てか僕に下さい(笑)

「レイジングスピリッツ」が乗れない、乗りたくないって人は、ずっと待たされると思うんです。友達が乗り終わるまで。その空いた時間を利用して、ぜひパイナップルを探してみてはどうですか?(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

レイジングスピリッツ-16

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと28!!

Kc270800  

 

 

 

この写真、レイジングスピリッツの内部の様子。手前の大木の皮の部分とか、とてもリアルにできていますよね(^^)ここらへんが、ディズニーのすごいところ。

このアトラクションは、走行距離が約600mです。まぁ、ちょっと短めですが(^^”)むしろ狭いエリアで、よく600mも造ったなぁと感心してしまいます。

この写真を見てもらえれば分かると思いますが、レールが、複雑に交差していますね。はっきり言って、パッと見ただけでは、どのようなコースでライドが進んで行くのかわかりません・・・・・というより、分からなく設計してあるそうなんです!!どっかのサイトで、ディズニーは、コースが分からないように複雑に設計しているって記事読んだことあります。

見た目でも、どんなコースになっているか分かりませんが、実際乗ってみても、1回転あとの、レールのコースが、一体どこらへんを通っているのかよく分からないんです(^^”)

そこらへんも、「レイジングスピリッツ」の面白いところでしょうか?

| | コメント (36) | トラックバック (0)

今週の「夢の通り道」-18

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと28!!

今回の「夢の通り道」も、映画「リトル・マーメイド」の世界を再現したエリア「マーメイドラグーン」が舞台。

この映画「リトル・マーメイド」はアンデルセンの童話「人魚姫」からヒントを得て作られたのです。

デンマーク・オーデンセ。童話作家「H.C.アンデルセン(1805-1875)」が生まれた街です。おとぎ話に出てきそうな街並みでした(^^)

この街には童話「おやゆび姫」「はだかの王様」の銅像が建っています。街の人々が演じる童話劇では、「はだかの王様」が子供に大人気だとか。

また、この街にはアンデルセンが子供のころ過ごした家があります。狭い台所に小部屋が1つ。父は靴職人で、3人暮らし。貧しいながらも楽しく過ごした場所だったそうです。

ところかわって、「アンデルセン公園」。ここには川が流れており、アンデルセンの母は、この川で洗物の仕事をしていたそうです。その川に目を向けて「アンデルセン」の像が建っていました。

アンデルセンは幼少のころ、両親にいろいろな物語を聞かされていたそうですね。それが、さまざま名作を生み出すイマジネーションを育んだのでしょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

レイジングスピリッツ-15

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと29!!

Kc270797

 

 

 

久々に、「レイジングスピリッツ」やりますね(^^)この写真に写っている蒸気は、最後に通るトンネルです。この蒸気は、この暑い夏には絶好のクールスポットかもしれませんね(^^)

Kc270801  

 

 

横から見るとこんな感じ。ここを通過すると、髪の毛がしっとり濡れます。夏には、気持ちよさそうです。ちょっと、涼めますよ(^^)夏のレイジングスピリッツは、かなりおすすめですね!!

ちなみに、一回転するところも、蒸気に満たされていますので、2度クールスポットを通過するって、思っていてください(^^)

そういえば、「何で蒸気が立ち込めているか?」ってのは、水の神の石像と火の神の石像を向かい合わせに復元してしまったために、怒りを買って、水と火で蒸気が発生しているというわけなんですよ(^^)知っていると納得しますよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シー5周年のデコレーション-6

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと29!!

またまた前回に引き続いて「アクアスフィア」周辺のデコレーションをご紹介しますね(^^)いろいろお話しておきたいことあるんで・・・

Kc271151  

 

 

今回は、また違う角度から「アクアスフィア」を撮ってみました。この写真では、日本を入れて撮ったんですが、ほかは日本撮る暇がありませんでした。ミシカが始まりそうだったので(^^”)

Kc271153  

 

 

シロクマさんのアドバイスで、後ろななめから撮影しました。なかなか良く撮れました。自分で言うのも何なんですが(笑)

Kc271152  

 

 

さらに、グーフィーがお気に入りなので、特別に、グーフィーだけ近くで撮影。よくみると、壷のデザインも、キャラにあわせて違う造りになっているんですよね(^^)

そんで、ニュトリさんが、コメントでお寄せいただいた「アクアスフィアが地球の自転とは反対に右回転しているのは??」という疑問を解決すべく、さっそくキャストさんにお話してみました!

でも唐突過ぎるお話だと思って、ちょっと聞きにくかったですが(笑)僕も気になっていたので聞きましたよ!通りがかりのキャストさんに・・

 

僕「すみません。ちょっと気になっていることがあるんですが、何で「アクアスフィア」って地球の自転とは反対で右回転なんでしょうか?」

ホント唐突ですよね(笑)自分でも、なんか変な人間に思われているような感覚がありました(^^”)でも気になるんだからしかたないです!!

キャスト「(ビックリした顔をして(笑))え~~~と・・・・ですね・・・・・・ん~~・・・・確かに、反対に回ってますよね・・・・・ん~~~、やはり、ディズニーマジックでしょうかね(笑)」

「エェェェェ!!?ディズニーマジックなんスか!!?」っと、内心衝撃でした(@@)ちょっと、逃げた感が否めませんでした。が、しょうがないですよね。そこまで知るかって話ですし・・・・でも、ここで終わらないのが、ディズニーですね(^^)

キャスト「ちょっと、ここで待っていただけますか?ちょっと、調べてくるんで(^^)」

僕「あ!?(ビックリ)は、はい。わかりました。」

まさか、こんな展開になるとは。ちょっと大事になってきたんで、軽く動揺してしまいました。てか、ミシカ始まってしまうんですけど・・・(ToT)

そして、そのキャストさんは、いかにも何でも知っていそうなベテラン・キャストさんへ、相談をしにいきました。そして、2分後来ました。

キャスト「わかりました。あのですね、あのアクアスフィアは、自転と同じように回っています。最初に日が昇るのが北海道ですし。」

僕「あ・・(このとき分かったような分からないような感じでしたが)・・あ~そうだったんですか(笑)あれ?、それじゃ、なんだか勘違いしていたみたいです!いやぁ、すみませんでした。ありがとうございます(--)」

キャスト「いえいえどういたしまして(^^)」

ということで、答えが出ました。確かに冷静になって見れば「アクアスフィア」は自転どおり左回転しています。どうやら、キャストさんは僕の唐突な質問に対して混乱してしまい「確かに反対にまわってますよね~」って言ってしまったようです(--”)なんかすみませんでしたって感じでした。なので、「アクアスフィア」は地球の自転通り左回転していますよ♪

最後に、もうひとつ。夜のライトアップは、さまざまな色に変化します。前回撮った写真は、たまたま青色と黄色だっただけです。なので、実際はもっといろんな色に変化して、綺麗ですよ(^^)Kc271394 Kc271395

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

グリーティング in 「アクアスフィア」

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと30日!!

8月1日にシーへ行ったときに、何度もグリーティング(キャラのつどい)に遭遇してしまったので、軽く写真撮ってきました。ディズニーキャラが好きな方、楽しんでみてください(^^)ただ、アングルはぜんぜん良くないんで許してくださいね。

これは、入園したときに「アクアスフィア」周辺で行われていたグリーティングです。コスチュームが5周年用ですね(^^)

Kc271147 ミッキー

 

 

 

Kc271149 ミニー

 

 

 

Kc271150 ドナルド

 

 

 

Kc271148 プルート

 

 

 

そんで、グーフィーも撮ろうと思ったんですが、ゲストさんと共に、どこかへ失踪してしまいました・・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

シンドバッド・セブンヴォヤッジ-3

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと30日!!

ではでは、解決策をじっくりお話していこうと思います(^^)

まずは、前回挙げた問題点1~3について考えていきます。解決策は、単純に「このアトラクションの魅力を知ってもらう」。だと思うんです。

そういう意味で、僕がこうして「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」を取り上げて、注目してもらうこと自体が問題点1~3の解決策になっていると思います。それで、このアトラクションに乗りたくなれば、遠い場所にあっても行こうという気持ちにもなれますし、「レイジングスピリッツ」乗ったついでに、ちょっと行ってみようって思いますし、紹介している時点で、このアトラクションを知ることにもなりますしね(^^)

 

 

でも、運営側だってこの問題に取り組んでいたりするんです!!その対策が「サプライズ・ファストパス」です。

初めて聞く方いるかもしれませんが、まずは「ファストパス」から説明。簡単に言えば、「早くアトラクションに乗れるように発券している整理券」みたいなものです。では、「サプライズ・ファストパス」とは?・・・・・

Kc271346  

 

 

 

これです。通常のファストパスの券のあとに、もうひとつファストパスがくっついて出てきます。びっくりですよね(@@)ってことで、このファストパスの下にくっついているファストパスのことを「サプライズ・ファストパス」と言います(笑)この写真に載っているファストパスは「センター・オブ・ジ・アース」のファストパスを取ったときに出てきました。(でも結局システム調整で使わなかったです(ToT))もうひとつの、サプライズ・ファストパスは「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」でした。

Kc271347

 

 

 

これって、ゲストの心理をうまく利用していると思うんです。「ファストパス=人気のあるアトラクション」「サプライズ・ファストパス=お得感があり使ってみたくなる」この効果を利用して、ゲストたちにガイドブックから「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」の場所(存在)を知らせ、そして、遠くの場所へとゲストを誘導することができるのだと思います(^^)

でも、だまされたと思って乗ってもらいたいです(^^)よくできたアトラクションですから!

では、今回はここまで(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

タワーオブテラー-64

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと31日!!

とうとう、OPENまで残り1ヶ月となりましたね(^^)ああ、待ち遠しい・・・・

そんで話し変わりまして、この前お話した、看板につぶつぶがあって・・・・ていう証拠写真を撮ってきました(^^)

(8月1日付け写真)

Kc271320  

 

 

分かりますか?では、もっと近づいてみます(^^)

Kc271321  

 

 

なんだか、つぶつぶがあって、文字を形成しているのがわかるでしょうか?

Kc271322 Kc271323  

 

 

左の写真には、「TOWER」の「TOW」の文字。右の写真には、「TERROR」の「TER」の文字がうっすらと確認できると思います(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スウィングジャズ「ビッグバンドビート」-6

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと31日!!

8月1日に行ったときも、2回見てしまいました(^^)そのぐらい、何度も見たくなるショーなのです!!

Kc271392 Kc271393  

 

 

 

 

 

今回の写真は、ちょっとまたアングルを変えて撮りました。撮った時間は、夕方17時あたり。街灯が灯りだし、この時間帯が一番アメリカンウォーターフロント・ニューヨークの20世紀初頭のノスタルジックな雰囲気が伝わる写真が撮れると思います(^^)

見た感想・・・・・

・やはり、最初っから軽快な曲が流れ会場内がひとつになって手拍子ですね(^^)こんなにも興奮させるステージを何度も楽しめてしまうのが嬉しいです!

・ある程度、内容を知っていても、やはり興奮するのは、生演奏と生歌だからこそ生まれるライブ感でしょうね(^^)なので、毎回違うんです。

・ミッキー含め、4人のディズニーキャラ登場場面。僕は、もう知っているのですが、初めて見た観客の驚く反応が楽しいです(^^)意外なディズニーキャラ登場で嬉しい悲鳴あげていました(笑)

・そして、やはりミッキーのドラム登場シーン。このときに使われる曲目が、激しいんですよね。いつも、ここは鳥肌が立ってしまうくらい大興奮です。手拍子が一番すごいところでもありますね。みなさんも同様に大興奮なのでしょう!観客もスウィングしまくりです!!

・あと、タップダンサーの技レベルが前回より高くなっていました。さらに、激しいタップに、バック転も追加されていました。

・ジャズバンドのみなさんが演奏者としてだけでなくパフォーマーとしての面も加わりレベルアップ!!最初のころの演奏の硬さが取れ、楽器を回したり、曲に合わせて踊ったりと、さらにスウィングしていました(笑)ソロパートの部分も、とてもシビれるパフォーマンスに!この短期間でさらに磨きかかってました(^^)

まぁ、こんな感じです。今度行くときも、必ず見に行きます♪

おまけで、セピア色で写真撮りました。なかなかいい出来です(^^)

Kc271348

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

タワーオブテラー-63

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと32日!!

今週のオーディオドラマ「TOWER of TERROR」は、再び冴子が語り手でした。

謎の釘によって、冴子のまわりで2人が失踪してしまいました。そのことで、警察から事情聴取される様子が語られました。そこで、冴子は「シリキ・ウトゥンドゥ」が重要な鍵を握っていることを改めて知ることになるのでした・・・・

ようやく、冴子も父の資料から「シリキ・ウトゥンドゥ」の存在を知りはじめました。これから、冴子の行動に注目ですね(^^)父を求めニューヨークにある「ホテルハイタワー」へ赴くのでしょうか??

・・・・と思ったら、昔から父によく連れられて行ったことのある「アフリカ文化研究所」という場所へ冴子は行きましたね。ここで「ムトゥンドゥ族」や「シリキ・ウトゥンドゥ」に関する情報を得るのでしょうか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-62

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと32日!!

またまた「タワーオブテラー」サイトが更新されていました!!

注目は、「人物相関図」に新たに登場した謎の男「アーチー」です。この「アーチー」が、「ベアトリス」に大きな影響を与えた人物として描かれています。

更新されていたのは、「人物相関図」「ベアトリスの日記」「ストラングの取材メモ」でした。

特に気になったのが、「ベアトリスの日記」です。ここで、アーチーとの出会いが書かれています。興味深いですよ(^^)あと、「人物相関図」で、ようやく「スメルディング」の顔写真が出ました。なんか、頼りなさげ・・・

この後は、「タワーオブテラー」サイトを十分に読んだ方しか分からないような内容です。了解の上お読みください(^^)

 

 

 

単なる憶測ですが・・・もしかすると、「スメルディング」と「アーチー」って同一人物だったりしませんかね?さらに、インタラクティブツアーに一瞬人影が走ったのも「スメルディング」。ハイタワー三世の執事として、「アーチー」に名前を変え「ベアトリス」に近づいたのかも。エンディコット三世に会いたくなかったのは、内気なのではなく、顔がもともとバレているから会えなかったのかもですね(^^”)

そうすると「スメルディング」は重要な何かを握ってるようですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-61

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと32日!!

8月1日にシーへ行ったときのこと。すでに、試験運転されているという情報を得ていたので、さっそく「タワーオブテラー」前へ行ってみました。すると、夕方ごろ確かにやってましたね(^^)

そのときの様子をお話しますね(^^)

この日は、「タワーオブテラー」正面の一番右のエレベーターのみ稼動していました。縦に並ぶ3つの扉のうち、一番上の扉が開き始めます。

Kc271369  

 

 

 

 

すると、ハイタワー三世の書斎(一番最上階にある大きな窓のとこです(^^))から、緑色の閃光が窓から漏れ、雷のように一筋の緑色の稲光が窓を通して、落雷音と共にエレベーターへと走りました。さらに中央の扉も開きます。エレベーターの動きは、扉が2つとも開いたとき、ゆっくりと上昇していました。そして、開いた扉のところまで達すると落下していきました。

Kc271370

 

 

 

 

そのあと、2つの扉が閉まります。このとき、中ではどうなっているのでしょう??

Kc271371

 

 

 

 

ちょっと時間がたつと、今度は、一番下の扉だけが開きます。このときの写真は撮れませんでした近すぎて(ToT)そのときのエレベーターの様子は、またゆっくり上昇して扉のところに達したら、落下していきました。そして、扉が閉まりました。

こんな感じでした。どうやら、2回ほど、ゆっくりとした上昇で焦らして、急降下するといった動作をするみたいです。・・・・・・・が、しかし!!この日は、エレベーター自体緑色に光っていませんでした。さらに写真のフラッシュも無し。なので、これが、本番の動きなのかさっぱりです(ToT)ただ、緑色の閃光と落雷という演出は、間違いなく本番でも行われるでしょうね(^^)

その緑色の落雷の様子だけ、なんとか撮ることできました(^^”)ホント一瞬なんで、何度も挑戦したんですが・・・・・これで勘弁してください(笑)

Kc271364

| | コメント (8) | トラックバック (0)

オーバー・ザ・ウェイブ-2

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと32日!!

まだ、撮りためてある写真があるので、内容を伏せて載せたいと思います(^^)

では、内容を一切言わず写真だけ公開します。ご了承の上、ご覧ください~(^^)

 

 

Kc270844  

 

 

なにやら、誰かをみんなで追っかけているようですね?プルート何気に一番速いです(笑

Kc270851  

 

 

みんなで、若い二人を取り囲んでいます。何を話しているのでしょうか?

Kc270853

 

 

 

 

 

最後の場面みたいです。5周年マークの垂れ幕が下がっています。あとディズニーシー・アカデミーで参加している人も、一緒に船内からショーに参加していますね(^^)

| | コメント (0)

シンドバッド・セブンヴォヤッジ-2

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと32日!!

そもそも、何でこの時期にこのアトラクションを取り上げるのか?というと、このアトラクションは、2006年9月30日から2007年3月28日という長い間、休止してしまうのです。これは、おそらくリニューアルのようなので、乗るなら今のうちだってことで紹介することにしました(^^)

では、前回言ったとおり、「どうして、ゲストがあまり来ないのか?」を考えてみたいと思います(^^”)

僕なりに考えた主に5つ原因として以下のことを予想しました・・・・

 

1.入園口から遠すぎて、なかなか行く気になれない。

2.このアトラクション前をたまたま通りかかる機会が少ない。

3.メインエリアの外れにあり、気づくゲストが少ない。

4.ライド中に登場する主人公「シンドバッド」に魅力(かわいらしさ・愛着)がない。

5.あちら、こちらで言う人形のセリフをすべて聞き取れない。

 

まず1は、かなり痛いですね(ToT)入園口から、おそらく一番遠くにあるアトラクションと言っていいでしょう!スチーマラインやエレクトリックレールウェイなどの移動手段を使ったとしても、遠い場所にあります。このアトラクションにたどりつくには、そうとうな体力を消耗しなくてはなりません。

そして、2も重要な問題です。ランドの同様のアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」は、人通りがあります。それは、「プーさんのハニーハント」「ホーンテッド・マンション」「スプラッシュマウンテン」など人気アトラクションが密集しているエリアなので、通り道になり易いのです。単純に、歩きつかれたから休憩がてら乗ってみようというゲストを獲得することが可能です。

しかし、このアトラクションに限っては違います。「レイジングスピリッツ」ができたことで、このアトラクションの前も人通りができるかと思われましたが、あまりできませんでした。その理由は、単純です。ほかのアトラクションに向かうとき、ここを通ると遠回りだからです。なので、効果がありませんでした(ToT)なので、通りすがりのゲストを獲得するのは、なかなか難しいのです・・・・

Kc270805  

 

 

でも、7月14日に撮影したときは、それなりに人が通っていたので、少しは効果ありだったのでしょうか?

3も問題。アラビアンコーストのメインエリアから、外れた場所にあることで、存在自体知られていない可能性があります。知らなければ、行きませんよね(--”)

4。主人公「シンドバッド」は、キャラとしての知名度・人気がディズニーキャラに比べるとないので、予備知識がないと、単なるひげの濃い青年にしか見えないというところです(--”)さらに、性格も悪そう・・・・。子供ウケがあまりいいとも思えませんし、ディズニーキャラ好きのゲストにも受け入れられないのかもしれません。

最後に5。このライドに乗った方なら、分かると思いますが、いたるところでセリフを言っています。しかし、すべて最後まで聞き取れないし、肝心なシンドバッドのセリフは、何気に長いので、聞き終わる前に船が進んでしまうという感じです。なので、いつしか航海が終わっていて中途半端な余韻を残すのかもしれません。

あとは、「ライド中に流れる音楽があまり耳に残らない」や、「「船乗りシンドバッドの冒険」のストーリーを知らないと世界観に入りにくい」というのも考えられます。

以上が、僕が考えた原因です。必ずや、当たっているわけではないと思うので、そこらへんはご理解ください。

では、問題点は出たので、これから解決策を考えていきたいと思います(^^)では次回に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

「シー日記」レポ-7

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと33日!!

とうとう夏休み、本格的に突入ですね!!気分も、上昇中です(笑)ということで、8月1日にさっそくシーへ旅立ってきました(^^)

この日は、前回行った7月14日の猛暑に比べると、ぜんぜんすごしやすい1日でした!朝、バイトを終え、午後からシーへ。到着したのが、14:10ごろでした。「レジェンド・オブ・ミシカ」に間に合ってよかったです(^^)

さっそく「ラッキーサマーチャンス」抽選券をもらいめくると「残念」。なんだか、当たる気がしません(ToT)まぁ、気持ちを取り直して入園。今日の混み具合は、まぁまぁ混んでいました。アトラクションも30分前後の待ち時間。やはり、ショーを見る方が結構多かったですね。それは、良いことです(^^)

今回は、いろいろ取材しておきたかったことがたくさんあったので、ほとんどそっち中心。アトラクションは、たった1つしか乗りませんでした(笑

入園(14:10)→レジェンド・オブ・ミシカ(14:30)→取材→シンドバッド・セブンヴォヤッジ(15:20)→プレシャストレジャー・オブ・アグラバー(15:30)→取材→ビッグバンドビート(17:45)→取材→ビッグバンドビート(19:15)→退園(19:50)

ただいま、やっているテーマ「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」のためでもありましたが、久々に乗りたくなったので乗りました。本当は、「センター・オブ・ジ・アース」も乗りたかったんですが、システム調整のため無理でした(ToT)

そして、「ビッグバンドビート」をまた2回見てしまいました。てか、どうしても見たくなってしまうんです。2回。そのぐらい見ないと満足できない感じです(笑)3回見てもいいな・・・・

あとは、話題沸騰な「タワーオブテラー」を完全取材。写真ばしばし撮ってきました。さらに、テスト運転していました。その様子も記事でご紹介しますね(^^)

そうそう、シロクマさんの言っていた「S.S.コロンビア号」内にあるバーで、コーヒーだけ頼むっていうのですが、あまりに、大人な世界だったので足を踏み込むことができませんでした(ToT)今度こそがんばります~

今回、収穫かなりありました。なので、どれから紹介していいか分かりません(ToT)とりあえず、少しずつやっていきますね。にしても、シーはやはり最高です(^^*)今度は、友達連れて8月中旬に行く予定です!

Kc271266 Kc271379Kc271389

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ケープコッド・ステップアウト-2

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと33日!!

とうとう8月突入ですね!!梅雨も明けたということで、本格的な夏が到来ですね(^^)

では、再び「ケープコッド・ステップアウト」を取り上げます。このショーは、基本的に、1日3回で、「17:00・18:30・20:40」の遅い時間帯しかやっていません。

しかし、このショースケジュールには載っていないのですが、昼間とかにやっていたりするんです。そういう、小さいサプライズが嬉しいですよね(^^)

Kc270984  

 

 

これは、確か15時ごろの写真です。やっているはずがないのに、やっていました(^^)このときは、ボーカルをしている女性の方も一緒になって演奏していました。なので、シーへ行かれる方は、ちょくちょく「ケープコッド」に足を運んでみてください(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タワーオブテラー-60

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと33日!!

そろそろ、東京ディズニーリゾートにて4億人目のゲストがでるころでしょうか??まだなのかな・・・・

「タワーオブテラー」サイトの「ニューヨーク・グローブ通信」をお読みになった方はわかるかと思いますが・・・・・

「ニューヨーク・グローブ通信、記者募集!」っていう記事があったので、さっそく7月14日の朝に、そのニューヨーク・グローブ通信社に行ったんです!ぜひとも、働いてみたいと思って(笑

 

 

 

Kc270756  

 

 

 

しかし、扉は固く閉まったままでした(ToT)てか、本当に募集しているのでしょうか?「いや、しているんだ!!きっと!!」っと、自分に言い聞かせて、今度は夕方ごろに伺ってみようと思います(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

シンドバッド・セブンヴォヤッジ

「タワーオブテラー」グランドオープンまで、あと34日!!

Kc270809

 

 

 

新テーマです(^^)アラビアンコーストにあるアトラクション「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」です。

この「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」は、「船乗りシンドバッドの冒険」の物語をモチーフに、七つの海を巡る航海に出るアトラクションです。簡単に言えば、ランドの「イッツ・ア・スモールワールド」みたいなもので、船に乗って、ゆっくりとしたスピードで、動く人形たちを見て楽しむアトラクションです(^^)

僕は、このアトラクション地味ですが大好きです(^^)ライド時間が約10分と長く、暑い夏の日には、ちょっと涼みに休憩できるし、待ち時間があまりないし・・かといって、アトラクションの内容も、「冒険」がテーマなので、いろいろな苦難に遭遇するところなど、なかなかワクワクさせて面白いと思うのです。その見所などは、のちのちお話していこうと思います(^^)

しかし、このアトラクションは、なぜか不人気です(笑)「てか、つまんないじゃん!」っていう人もいるし、「登場する人形の顔が濃すぎて、かわいくない」とかも(--“)そもそも、このアトラクションに乗ったことない方も、結構いるかも。「こんなアトラクションどこにあったんですか(笑??」とか言う人もいるかもですね(^^“)あはは・・・・・笑うしかありません(ToT)

こういう人たちに、「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」の新たな魅力をお伝えしてみようと思います(^^)少しでも、楽しんで乗ってもらうために。

次回は、「どうして、ゲストがあまり来ないのか?」をやりたいと思います(^^“)・・・・てか、ひどいテーマですね(笑

しかし、まずは不人気の原因究明が肝心なので、そこから追求していかなくてはなりません!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »