« 今週の「夢の通り道」-9 | トップページ | こうして「東京ディズニーシー」は誕生した-3 »

2006年6月 5日 (月)

1000アクセス突破!!

ただ今2006年6月5日12:25現在において・・・

1000アクセス突破いたしました!!

みなさんに大感謝!!特に、常連さんのみなさん!僕としては、常連さんが毎日見てくれるのが一番うれしいです(ToT)

まだカウンター付けて10日くらいで到達するとは思いませんでした!みなさんの「タワー・オブ・テラー」に関心が高まっていることが分かります。検索でこのキーワードする人が増えているのが最近の傾向なので。ちなみに、ココログのアクセス解析法では5050ヒットと5000ヒット突破しております!これからも、いろいろ企画あるので楽しんでもらえるとうれしいです(^^)

|

« 今週の「夢の通り道」-9 | トップページ | こうして「東京ディズニーシー」は誕生した-3 »

コメント

お久しぶりです^^
以前DREAMMAGICの方でお世話になりましたWILLと言います。
って覚えてないですよね^^;
実は私も一度あっちのサイトに書き込めないようになってからというもの、
とても残念に思っていました。
そしてその後、トラックバックをしてあったホリさんのブログにたどりついたというわけです><
そんなわけで実は一番最初からずーっと見させてもらってるんですが、
やはり素晴らしいです!
自分も男なんですが、同じような考え方を持った人が居て本当に嬉しく思います。
そしてタワーオブテラー。
ホリさんは確かそれがきっかけでこのブログを初められたんでしたよね?
で、実は私もタワーオブテラーにはとても興味があって、色々調べ、
徐々にその魅力に引き込まれていきました 笑
そしてついには自分で特集のページまで作ってしまいました。
なので、ぜひホリさんにみてもらいたいなぁ、と思ったので今回書き込ませていただきました!!!
http://plaza.rakuten.co.jp/kiokunoshima/026000
のページです^^;

これからも更新がんばってください!
いつも楽しみにして読んでいます。
あと出来ればリンクしても宜しいでしょうか?
本当に素敵なブログなので・・・。
ヨロシクお願いしますm(__)m

投稿: WILL | 2006年6月 5日 (月) 14時55分

こんにちは!!WILLさん♪
管理人ホリです(^^)コメントありがとう!
覚えていないはずないよ!!
WILLさんは、僕にとってキーパーソンなんだから!
3月ごろの話だから覚えてるかな?
僕の質問に答えてくれたのがWILLさんだったのを!
「エレベーターが前進する」って。覚えてる?
そのあと、ゲストの回転率とかに話は移りましたが・・・
あの衝撃は、忘れられないッスよ(笑)
少なくとも、WILLさんは、このブログをはじめるきっかけを与えた一人でもあるんですよ!
心してもらわないと(笑)
ってか、コメントしてくれるなんて嬉しい限りです!!
こんなに長く。それに、褒め過ぎだし(笑)
そんな、たいしたこと書いてないですよ!!
もしリンクしてくれるなら大歓迎です!!
こっちも、そういうのが作れるか調べてみます!
是非、こっちもリンクさせてください(--)
あと、WILLさんのページ見ましたよ!!いろいろ(^^)
ケツメイシ・コブクロ好きだし、「ボクノート」いいよね!
あと、「タワーオブテラー」紹介の自作にビックリしました(笑)
まぁ、同じ男同士好きなものが一緒っていうのは嬉しいよ!
これからも、末永くよろしく(^^)
また、DREAMMAGICで会うかも(笑)


投稿: ホリ | 2006年6月 5日 (月) 17時41分

まさかこんなに早くお返事をいただけるとは思っていなかったので嬉しい限りです!><
しかも覚えていたとは・・・!

『エレベーターが前進する』の説、確かに覚えていますよ!
動画をよくみて動いてるのを確かめた瞬間、どうしても言いたくなって 笑

はじめるきっかけだなんて(つД`)゚。・
そちらこと褒めすぎですよ(≧∇≦)

それで、さっそくリンクの方、させて頂きました!
今はちょっと小さいのですが、そのうちTOTのページでもリンクを貼らせていただきますねっ!
あのページ多少違法染みてるんですが 汗笑
ぜひぜひ今度はホリさんの意見、予想をお聞かせ願いますm(__)m
リンクの件は大歓迎ですっ(*><*)
本当に嬉しいです!!!

しかもブログまで読んでくださったみたいで。。。
恐縮です^^;

ではまたヾ(*^▽・)
お返事ありがとうございました^^

投稿: WILL | 2006年6月 6日 (火) 18時30分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今週の「夢の通り道」-9 | トップページ | こうして「東京ディズニーシー」は誕生した-3 »