« タワーオブテラー-15 | トップページ | 「ホリ蔵のシー日記」1ヶ月経ちました! »

2006年4月29日 (土)

タワーオブテラー-16

本日、シーへ行きますが、あいにくの雨・・・・あまり、写真も撮れなさそうですが、雨バージョンの「エテールノ」を見れると思い張り切って行って来ようと思います(^^)!!

では、昨日の続きです!シーの「タワーオブテラー」バッググラウンドストーリーを簡単に紹介します・・・

19世紀末、大富豪家ハリソン・ハイタワーIII世が建てたホテルハイタワー「タワー・オブ・テラー」が舞台です。文化的遺物の収集家だったハイタワーⅢ世は1899 年の大晦日、アフリカの秘境で手に入れたという奇妙な偶像を披露するパーティーの最中、最上階の自室へ向かったあと忽然と姿を消してしまったのです・・・

この事件により、ホテルは閉鎖。ホテルは荒れはてるのですが建造物としての歴史的価値が高いことから、ニューヨーク市保存協会によって修繕され、1912 年、ホテル内を見学する「タワー・オブ・テラー」ツアーがオープンしました!

13 年前のパーティーの夜、ハイタワーⅢ世に何が起こったのか?
ミステリーの真相にせまる、「タワー・オブ・テラー」ツアーに、ぜひご参加ください!!

まったく違いますよね(^^”)

結局のところシーの方は、完全オリジナルなので現段階では、どんなアトラクション内容になるのかは想像でしか語れません(ToT)

分かる範囲で共通部分を言うなら・・・・

・でかい建物(ホテル)である

・エレベーターに乗るフリーフォール型アトラクションである

・ライド途中に扉が開く

・写真を撮られる

・名前の「タワーオブテラー」が同じ

・・・結構、共通部分がありますが根底にあるストーリーが違うのと、ツアー内容を含んでいるので、アメリカで乗った方でも、まったく違った「タワーオブテラー」を体験できることでしょう!

とりあえず、まずはアメリカの方の「トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー」のアトラクションの中身を紹介してみようと思います!というのは、もしかするとアメリカのような体験がシーでもできるかもだからです!

しかし、僕は当然アメリカのディズニーには行ったことがありません(ToT)なので、いろいろなサイト情報やムービーで研究して、どんな体験ができるかを紹介したいと思います!!

この続きは、また来週あたりに・・・

|

« タワーオブテラー-15 | トップページ | 「ホリ蔵のシー日記」1ヶ月経ちました! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。